2017年9月1日 更新

5分でわかる!店頭におけるクロスメディアプロモーション

クロスメディアプロモーション、業界に関わる方なら、一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか? かつては、4マス広告+Web+店頭などの手法が取り沙汰された時代もありましたが、今はどうなのでしょうか?

940 view

クロスメディアプロモーションとは?

Free illustration: Crown Corks, Coca Cola, Red, Usa - Free Image on Pixabay - 436650 (975)

ネット黎明期によく言われた言葉で、現在はあまり聞かれなくなった言葉です。

ですが、言葉の定義としては、「さまざまなメディアを組み合わせた広告戦略および手法」ということですので、手垢の着いた言葉のように聞こえるかもしれませんが、今一度考える価値があるのではないでしょうか?

例えばCMなどで「続きはWebで!」などと訴求するのも、クロスメディアプロモーションのひとつです。様々な広告とWebサイトを組み合わせることで、相乗効果をもたらし、より幅広いユーザーにアプローチできるというメリットがあります。

クロスメディアプロモーションの新たなトピックとは?

 クロスメディアプロモーションが語られなくなって、しばらく経ちますが、手法は増えている現状があります。
Free photo: Google, Www, Online Search, Search - Free Image on Pixabay - 485611 (979)

かつては、、、

1.4マス広告→WEBサイト→資料・カタログ請求・来店促進
2.WEBサイト+SEO対策→資料・カタログ請求・来店促進
3.WEBサイト+リスティング広告→資料・カタログ請求・来店促進
4.チラシ・DM→WEBサイト→資料・カタログ請求・来店促進
5.チラシ・DM→ECサイト

の考え方が主流でした。

その後、語られない間に、さまざまなトレンドが発生しています。

・スマートフォンの登場および利用者増大

Free photo: Mobile, Phone, Samsung, Music - Free Image on Pixabay - 605422 (982)

・ソーシャルメディアの登場および利用者増加

Free photo: Social Media, Facebook, Twitter - Free Image on Pixabay - 1795578 (984)

・位置情報の活用

Free illustration: Navigation, Gps, Location, Google - Free Image on Pixabay - 2049643 (986)

位置情報を活用した、Beaconアプリなどでお店のそばのユーザーに情報を届けられるようになりました。

・LINEなどメッセージアプリの登場

Free photo: Keyboard, Buttons, Messenger - Free Image on Pixabay - 1804326 (988)

FacebookメッセンジャーアプリとFacebookページ間のやり取りや、LINEのスポンサードアカウントを通じて、ユーザーとクライアントがコミュニケーションできる環境になりました。

主にスマホを媒介とした、それらの新しいトレンドにより、クライアントとユーザーの距離感は縮まっている現状があります。

新たな施策は以下のようなものです。

1.Twitter、Facebook、LINE⇒店頭もしくはWeb

2.位置情報を活用したアプリ⇒店頭

ダウンロード数の多いアプリや、フォロワー数の多いソーシャルメディアを持っていれば、他社媒体である4マスやインターネット広告に頼らずとも集客ができる時代となっています。

店頭でのクロスメディアプロモーションの活用法とは?

 とはいえ、クロスメディアを使った店頭プロモーションをする場合、「自社が店舗網を持っている場合」と、「他社の店頭網を用いる場合」とで、環境は大きく異なってきます。

◯自社の店頭を活用できる場合

Free photo: Barber, Shop, Chair, Barber Shop - Free Image on Pixabay - 2165745 (1001)

チェーン系の美容室や、飲食店、その他多店舗型のサービス業などでは、店舗数のスケールメリットを活かし、ソーシャルメディアのフォロワー数の増加、もしくは、良いアプリを作りそのダウンロード数を伸ばせば、そのままそのユーザー数を活かした店頭プロモーション展開が可能です。

◯他社の店頭を活用する場合

この場合、多くはメーカーなどの製造販売業がその対象になるかと思います。

コンビニなど他社の店頭を活用するプロモーションの場合、必要になるのは以下のテーマです。

・来店者の満足度を上げると思われる企画力
・店頭POPや店頭販促に関するクリエイティブ力
・店頭フィールドサポートなどの業務実行力
など

それらにより、多くの店頭を持つ会社を納得させ、さらには、上手くソーシャルアカウントやアプリを絡めた企画を採用してもらうことで、一過性のものではない、店頭マーケティング施策を行うことが可能となります。自社だけで考えるのではなく、店頭マーケティングの専門会社も巻き込んでの施策実施とすることで、より効果の高い企画ができる場合もあります。

他社店頭を活用するクロスメディアプロモーションの成功の秘訣?!

首尾よく、店頭POPや店頭ツールを置いてもらえた場合、そこからの自社の顧客資産になるような工夫も考えておく必要があります。

企画において、いくつかのポイントがあります。

・QRコードなどで自社Web等への導線設計をする。
・自社Webに来たユーザーに対して、面白く、役に立つコンテンツを用意する。
・コンテンツ内容は、ユーザー参加型もしくはソーシャル連動型とし、ユーザーを巻き込んだものとする。
…など

店舗網を持っている会社にとっても、自社にとっても、消費者にとっても、メリットのある店頭マーケティング施策を考えていきましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

とあるセールスプロモーション会社の営業が心掛ける5つのこと

とあるセールスプロモーション会社の営業が心掛ける5つのこと

セールスプロモーション(販促)会社の営業には、「情報収集」、「人脈つくり」、「夜の社交術」、「街を良く見る」、「営業姿勢」の5つが求められます。それぞれに関して、ボンビの企画提案営業のエキスパートがまとめています。
サブスクリプションモデルは販促やPRがしやすい?リアル店舗の可能性

サブスクリプションモデルは販促やPRがしやすい?リアル店舗の可能性

最近流行りのサブスクリプション(定額サービス)モデル。ネット界隈では2012年頃から複数のサービスが立ち上がってきていますが、飲食店やリアル店舗でのサービス展開はあり得るのでしょうか?販促やPRの視点も交えて可能性を探ります。
店頭POPとWebマーケティング

店頭POPとWebマーケティング

店頭POPと連動したWebマーケティングにはどのようなものがあるのでしょうか? 過去の事例や最近のトレンドを元に紐解いていきます。
bonbi GOSSIP 編集部 | 1,040 view
売上向上の秘策?! リテンションマーケティングとは?

売上向上の秘策?! リテンションマーケティングとは?

「売上の低下」、「伸び率の鈍化」 営利企業にとって、大きな問題となります。それらを回避するために用いられるリテンションマーケティングとはどのようなものでしょうか?
今さら聞けない?! 店頭販促のイロハ

今さら聞けない?! 店頭販促のイロハ

店頭販促において要点となるのは、どのように集客し、どのように顧客化、固定客化していくかということです。店頭販促のイロハをまとめていきます。
bonbi GOSSIP 編集部 | 3,283 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 bonbi GOSSIP 編集部
   
            “プロモーション110番”           
“pet_insta”
“pet_fb”
“ilovepets”
“bsquare”