2023年1月25日 更新

ニューヨーク店頭レポートシリーズ New York Holiday Season Research 第1回

ニューヨーク店頭レポート第二弾。ニューヨークホリデーリサーチをお届けします。第1回目は万能スーパーのターゲット。ブラックフライデーからクリスマス、クリスマス後から年始までをレポートしています。

149 view
凡美社では、アメリカ合衆国の店舗情報を定期的に届けていきます。
シリーズ化して随時レポート報告をしていきます。

今回はブラックフライデーから年始までの、ニューヨークの色々な店舗のホリデーシーズンリサーチ報告を5回に分けて行います。

ニューヨーク ホリデイ シーズン リサーチ 第一回

11月 第四木曜日(サンクスギビングデー)の翌金曜日。

小売店にとって年間を通じて最も忙しい1日のひとつである
ブラックフライデーからスタートするホリデーシーズン。

11月に入った段階から、メールマガジンやアプリを通じて
プレセールの通知が鳴り止まず、
実質11月全体がブラックフライデーセール期間となっている。

ブラックフライデーを皮切りに、
クリスマス・年末年始とホリデーシーズンが続く。


ネット注文でもセール品は買える、必ずしも店舗に出かけなくてもいい現代。
ホリデーシーズンの小売の現場はどうなっているのか。

そこから見える“店舗”の役割を洞察する。

ターゲット・コーポレーション 店頭洞察

ターゲット・コーポレーション(Target Corporation)は、アメリカ合衆国で売上高第5位の小売業者だ。
ディスカウント百貨店チェーン「ターゲット(Target)」など、小売店1800店強を運営している。
アフターコロナになっても食品部門は、ウォルマートとターゲットは好調との記事をみかけるが、
都市の中心部にある「ターゲット」の店舗を引き続き観続ける。
target   Times Square 42nd ...

target   Times Square 42nd Street

Black Friday

 (6269)

Black Friday当日のターゲット。

店内に入ると目に入るのはクリスマスムードを醸す商品たち。

事前のネットでのブラックフライデー告知の盛んさとは裏腹に
店頭ではブラックフライデーそのものを推すという空気はない。

関連商品の充実度から見ても、
店頭に足を運んだ顧客にPRしたいのはクリスマスである
ということが見て取れる。
 (6270)

では、ブラックフライデーは店内の賑わいに影響しないかというと
そんなことはない。

Time Squareの人通りは、通常にも増して混み合っていて
それに比例するように店内も人が多い。

スタッフも店舗で円陣を組み「ブラックフライデー!」と
声を合わせるなどこのイベントは店頭に明らかに活気を
与えている。

考えられることはブラックフライデーそのものの集客は
当日までのネット上のPR合戦で、ほぼ終了しており
ブラックフライデー当日の店舗は、購入したものを受け取りに行く
ピックアップの場としての機能が主であるということ。

セール品はネットで販売し、ピックアップにきた顧客に
クリスマス商品の購入を促す合理的な戦略が見えてくる。
ブラックフライデーの店頭PRはほぼ値札のみ。

ブラックフライデーの店頭PRはほぼ値札のみ。

いくらディスカウントされているのかを 重点的にPRする値札。

いくらディスカウントされているのかを 重点的にPRする値札。

クリスマス関連グッズの割合が多い店内。

クリスマス関連グッズの割合が多い店内。

Tech関連ではないスペースに置かれた特売のTV。

Tech関連ではないスペースに置かれた特売のTV。

ネットでPRしているので店頭では大きくPRする必要がない。もしくは、探させて店内を回遊させる仕掛けではないか。

Christmas Season

 (6277)

クリスマスを1週間前に控えたターゲット店内。

人はいるものの混み合っているということはなく、
入れ替わり立ち替わりで一定の賑わいを見せている。

店内でクリスマスに向けたセールやキャンペーンが
大体的に行われているということもない。

アメリカの小売におけるクリスマスの扱いが、
短期イベント的な集客よりもシーズン全体を通して
集客をしていくものであることが見て取れる。
美容関連品はセールを展開。コスメを見ている女性客も目立った。

美容関連品はセールを展開。コスメを見ている女性客も目立った。

棚の商品は充実。店内は落ち着いている。

棚の商品は充実。店内は落ち着いている。

After Christmas

 (6282)

クリスマスが終わり、年明けが近いターゲット店内。

クリスマスを感じさせるアイテムは一掃され、
次のシーズンに向けた商品へと入れ替わっている。

店内では特に集客の工夫は見当たらないが
いつも以上に人が多い。

タイムズスクエアのカウントダウンイベントに集まった
観光客がメインの客層と見られ、
滞在先のホテルで飲食するであろうドリンク・スナックを求める
姿が目立った。
いつも通りの売り場ながら、いつも以上の人出。

いつも通りの売り場ながら、いつも以上の人出。

普段閑散としている食料品コーナーが賑わう。

普段閑散としている食料品コーナーが賑わう。

New Year

 (6287)

カウントダウンイベントも終わった新年のタイムズスクエア周辺は
観光に繰り出す旅行客で溢れかえっている。
その恩恵を受け、ターゲット店内も賑わいを見せる。

特別なセールが行われているわけではないが
Tech・おもちゃから食料品に薬まで。バラエティ豊かな品が揃う
店内空間はイベントの気分にマッチしているといえる。


通常シーズンの集客に苦戦している節があるものの
周辺店舗を差し置いて、観光客がターゲットに集まるのも
万能スーパーとしての知名度が健在であることの証左だろう。
買い物代行サービス員もいる年始のターゲット。

買い物代行サービス員もいる年始のターゲット。

忙しく品出しが行われる店内。

忙しく品出しが行われる店内。

考察

ネットでなんでも買える時代。
小売り最大のセール日といわれるブラックフライデーから始まる
ホリデーシーズンにおいてもPRの主戦場はネットに移っている。

そんな時代に店舗に行く理由とは何だろう。

そこに空間がある。

音がある、匂いがある、空気がある。

五感でワクワクを感じられる空間こそが店舗の価値だ。

それは珍しい・イベント性の高いものを寄せ集めれば創れるものではない。

ほしい品が揃っている。
店内に活気が満ちている。
BGM・ディスプレイ・接客etc、なんとなく気分が盛り上がる仕掛けがある。

当たり前に聞こえる要素を落とさない心構えが重要だろう。
買い物は、モノを買うことだけではなくコトを買うことでもある。

家からなんでも買える時代だろうと、人は体験を求めて出掛けていく。

”買い物でどんな気分になれたら嬉しいのか”

スーパーなら、季節によって変わる生活に必要なものが見つかる
家電量販店なら、生活が良くなるワクワク感が買える

業態によってちがう、生活者の求める買い物体験に適合した店舗だけが
集客を成功させ続けることができるといえる。

その点で、シーズンイベントも通常営業も集客に必要な要素に違いはないだろう。

季節イベントの集客も日々の当たり前の積み重ねの上に成り立っている。


関連する記事 こんな記事も人気です♪

ニューヨーク店頭レポートシリーズ New York Holiday Season Research 第4回

ニューヨーク店頭レポートシリーズ New York Holiday Season Research 第4回

ニューヨーク店頭レポート第二弾。ニューヨークホリデーリサーチをお届けします。第4回目は都心のドラッグストアデュアン・リード。ブラックフライデーからクリスマス、クリスマス後から年始までをレポートしています。
ニューヨーク店頭レポートシリーズ New York Holiday Season Research 第2回

ニューヨーク店頭レポートシリーズ New York Holiday Season Research 第2回

ニューヨーク店頭レポート第二弾。ニューヨークホリデーリサーチをお届けします。第2回目は家電量販店のベスト・バイ。ブラックフライデーからクリスマス、クリスマス後から年始までをレポートしています。
見たら特する!おもしろ店頭販促ディスプレイ特集!2024年第八弾

見たら特する!おもしろ店頭販促ディスプレイ特集!2024年第八弾

店頭で面白い売り方や面白い店頭販促物を見つけてきました。その報告です。ワクワクする売場(買場)が創出されています。
毎週最新の広告がアップデート! あの巨大OOHの定点観測レポート

毎週最新の広告がアップデート! あの巨大OOHの定点観測レポート

クリエイティブ力向上のために、日常業務の合間に「見せ方」「見え方」「伝え方」をストックさせるために、足で稼いでインプットする作業。AIに任せていく部分はもちろん重要である。しかし、地道に実際に触れて感じて、そして、ストックをすることが大切だと思う。
ニューヨーク店頭レポートシリーズ 第一回

ニューヨーク店頭レポートシリーズ 第一回

世の中の変化についていっている様ではすでに遅れている。未来を妄想し、自らが起点になって動く。凡美社では最先端の街ニューヨークの店舗を定期的にリサーチして発信していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 bonbi GOSSIP 編集部
   
            スゴイコト