2017年12月21日 更新

展示什器開発ストーリー~充電器具用スタンド展示什器~

什器と言えば、商品の陳列棚や、コンビニなどの店頭でのキャンペーン告知用プラスチック什器を想像する人が多いかもしれません。イベント会場や、実際のカーディーラー等において展示用に開発制作される什器もあるんです。今回は、充電器具用スタンド展示什器の事例を紹介します。

237 view

充電器具用スタンド展示什器の依頼

 (2070)

什器は陳列什器の他にサインや展示什器などもあります。
今回はカーディーラーに展示する什器の紹介をします。
ある車メーカー様が初のPHEV車が出されるということで、カーディーラーに展示されるPHEV車の横に専用充電スタンドを展示したいと要望を受けて代理店さんから依頼がありました。

企画に関しては代理店さんがされているので、それを具現化すべく、ボンビでは他社製品を調べ確認し、ディーラーの内装や車に合うようなトーンで、デザインラフと製造見積の提出を繰り返し、デザインと仕様を決定しました。
デザインと仕様の方向性が決定した後、クライアント様がよりリアルに出来上がりのイメージができるように、素材見本、塗装サンプルなどを提出しながら、詳細を決め込んでいきます。

展示什器の開発で苦労した点

充電器具差し込みの受けパーツ

充電器具差し込みの受けパーツ

今回苦労した点は、充電器具の差し込み部分の作り込みが難航したことです。
メーカー様からは充電器具のスペック情報を頂けなかったこと、また、重電機器が日本に1個しかない状況だったので実物を借りる事が困難で設計が進みませんでした。
板金加工でこの差し込み口パーツを作ろうと試作しても、どうしてもジャストフィットしないというトラブルがありました。こちらは、営業担当が必死にネットで探して、はまりそうなタキゲン製の既製品を1つ買って確かめたところ幸いフィットしたので既製品を使用することになりました。
 (2072)

車の横に設置しても、車の形状デザインと違和感がないような什器の形状が必要だったため、Rの型曲げ加工をしました。
板金のつなぎ部分を継ぎ目無く仕上げる点などは非常に苦労しました。
本体はオールスチールに白のメラミン吹き付け塗装です。
天面はアクリル板にしていますが、既存の乳白の板よりも透明性を出したいという要望もあり、透明アクリル板に裏刷りで白を刷るという仕様にしました。
本体内部にはLEDを仕込んで充電している感を出す演出をしています。

展示什器の試作品検証の厳しさ

試作検証については、関係会社5社で行われ、様々な意見が飛び交う中での進行となりました。
ここ10年、品質管理の面では製品や商品ではない販促ツールにも非常に高い精度を要求されます。塗装の仕上がり・R曲げの精度を出すのが非常に難しい案件ではありました。
検品に関しては、金具・板金・アッセンブリー工場とすべての製作会社をクライアント様も同行のもと検品しました。
アッセンブリー時には製造数の100台すべてを並べて、仕上がり具合、塗装のムラや剥がれがないか、はまるかはまらないかなど全数検品を行いました。
 (2074)

展示会でも使用され、好評だっとのことでした。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

桜美林大学と産学連携!「ディスプレイ研修合宿」レポート最終回

桜美林大学と産学連携!「ディスプレイ研修合宿」レポート最終回

桜美林大学の大学生を迎え行われた「ディスプレイ研修合宿」レポートの最終回をお届けします。前回のプレゼンを受け、学生たちのデザインした店頭什器をボンビの工場で製品化しました。完成した什器を見たときの学生たちの反応はどのようなものだったでしょうか?
アイデア勝負!最近の店頭販促トレンド

アイデア勝負!最近の店頭販促トレンド

インターネット業界と異なり、成熟しているかと思われている広告宣伝業界。中でもPOP広告や店頭什器などを扱ってきている店頭販促マーケットにおいても現場では様々な工夫が取り入れられているようです。日経電子版の記事からトレンドを探ります。
桜美林大学と産学連携!!「ディスプレイ研修合宿」レポート第三回

桜美林大学と産学連携!!「ディスプレイ研修合宿」レポート第三回

江原道様、オーディオテクニカ様、ブルボン様の協力を仰ぎながら、学生さんに販促物の課題を出しました。企画要件をまとめ、アイデアを出し、販促物としての形態をスケッチしていきます。翌日行われたプレゼンテーションでは、学生さんならではの視点からの良い企画案がありました。
桜美林大学と産学連携!「ディスプレイ研修合宿」レポート第一回

桜美林大学と産学連携!「ディスプレイ研修合宿」レポート第一回

桜美林大学造形デザイン科の学生7名に、店頭販促の講義とワークショップを通じて、セールスプロモーション業界への理解を深めてもらう取り組みとして、産学連携の「ディスプレイ研修合宿」を行いました。レポート第一回では、店頭分析からオリエンテーションまでをまとめています。
昼間に上がった花火の秘密、店頭販促デザイナーが珍しい技術を語る

昼間に上がった花火の秘密、店頭販促デザイナーが珍しい技術を語る

店頭POPや店頭什器のデザイナーには遊び心が必要です。スマホカメラのフラッシュに反応する珍しい技術「リフレクト印刷」の紹介と、それを店頭POPや店頭什器に活かした場合の可能性について、店頭販促デザイナーKが語ります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 bonbi GOSSIP 編集部
   
            “プロモーション110番”           
“pet_insta”
“pet_fb”
“ilovepets”
“bsquare”