2017年12月15日 更新

店頭什器やPOPにとどまらない!ジオラマ模型も作ります。 

店頭什器や店頭POPを作り続けているうちに、いろいろな相談が増えてきます。その時の依頼は、滋賀県大津市のソーラーパネルの設置のイメージを関係者につかんでもらうための設置場所のジオラマ模型を造る、というものでした。

220 view

店頭什器やPOPを作っているうちにジオラマの依頼が…

数年前とある代理店さんからの依頼で滋賀県大津市のソーラーパネル群の設置場所のジオラマ模型を造ったことがあります。
製造期間は1カ月ほどでしたが、企画としては1年以上かかりました。

売電事業を推進する会社が滋賀県大津市から受託され、そこからソーラーパネルの製造・設置を受注する会社がいました。大津市の関係者に理解を促すため、当社では大津市の市役所に置くソーラーパネル設置場所の模型と、小中学生向けの教育動画の制作を請負いました。

大津市は当時クリーンエネルギー事業に力を入れていて、最終的には、大きな面積の山間の斜面に大規模な数のソーラーパネルを設置するという、行政を巻き込んだ取り組みとなりました。

教育動画制作の時の話

動画制作に関しては事前ロケに行きながら半年くらいかけて原稿をつくり、ご当地のゆるキャラの着ぐるみを市から借りて、ソーラーパネル設置前、建設中、設置後など計5日間ほどの撮影ロケを行いました。ソーラーパネル場所では完成後、ドローンを飛ばして撮影など行いました。
大津市は、天台宗の開祖である最澄が建てた比叡山延暦寺、紫式部で有名な石山寺、百人一首で有名な近江神宮などの歴史的名所があります。さらには琵琶湖と比良山地に囲まれて自然も豊かな街ですし、交通の要衝でもあります。撮影映えする所が色々とあり短い時間に色々な場所を周りながら撮影をしました。
当時アニメ「ちはやふる」が流行り、映画「ちはやふる」が上映されていた時期でもありますので、動画自体のナレーションはアニメ「ちはやふる」の主人公の声優さんをキャスティングしてスタジオでのナレーション録画などを行いました。尺は10分くらいのいい動画が作れたと思いますが、今回はジオラマの話なので、動画制作の話はまたの機会にしたいと思います。

什器やPOPと同じようにスケッチと設計が大切

実際につくった模型画像1

実際につくった模型画像1

実際につくった模型画像2

実際につくった模型画像2

ジオラマ模型の製造に関しても、事前ロケで設置予定地に行き、航空地図を見ながら、周辺施設を写真で撮影し、一応は建物の形などを合わせながらデフォルトするというような設計になりました。
100%縮尺などできないので、すごくアバウトなデフォルトになりましたが、ディテールはこだわってキレイに造ることを心掛けました。
写真をご覧いただいても分かりますように、ソーラーパネル・建物・家・草木など非常にクオリティの高いものが出来上がりました。

再現場所上空写真

再現場所上空写真

再現場所デフォルトレイアウト

再現場所デフォルトレイアウト

すべてを盛り込むことはできないので、クライアントと相談の上、必須で入れてほしい建物や表現、強調したい建物や表現を絞っていきます。
今回はソーラーパネルをメインに、強調したい施設2つ(1つはテニスコート含め表現)と住宅街でした。
最初は手書きのスケッチでクライアントのイメージをさぐります。
そしてカラースケッチでイメージを固めていきます。
予算との兼ね合いがあるので、ソーラーパネル自体を何で表現しようか、木などの表現はよりリアルにするのかそれとも紙の抜きなどで対応するのか、など求められる表現の精度と素材や製造方法を考えながら決めていきながら設計をしていきます。

初期のスケッチ

初期のスケッチ

最終のスケッチ

最終のスケッチ

最終的にクライアントの希望として、電飾を組み込み、太陽光で蓄積した電気で建物に灯りがともっている再現ジオラマを求められましたので、スイッチ式の電飾にしました。
太陽光の再現電飾画像1

太陽光の再現電飾画像1

太陽光の再現電飾画像2

太陽光の再現電飾画像2

建物に灯る光は、リアリティを出すためにより暖かさを感じる黄色に振った色のLEDを使っています。
細かい表現ですが、「ものづくり」や「表現づくり」には、『限られた条件の中で幅と深さを追求する』こだわりを持つことが必要だと常に思っています。クリエイティブディレクターはこだわりを持ってなんぼです。

什器やPOPと同じく大切なのはモノづくり精神

1点もののため、最終仕上がり後、大津市の市役所員の方々と請け負っている会社の方々が、弊社まで検品に来られチェックをして頂きました。
出来栄えがよかったので特に何の注文も修正点もなく出荷に至りました。

納品に関しましては、細かいジオラマ模型なので路線便だと不安でしたので赤帽にて破損が出ないように納品しました。

弊社では、「モノづくり」の領域は幅広く具現化することができるネットワークとパワーがありますのでよりクオリティの高いものを目指して素材選定や加工方法を模索することができます。
発想して企画設計していくのは楽しいことです。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

動物好きの皆さんにお得情報! ペット用品部 春の新商品紹介

動物好きの皆さんにお得情報! ペット用品部 春の新商品紹介

I♡PETSから春の新製品が発売されました。ワンコやニャンコにとってはどれもうれしいアイテムです。チェックをしてみてはいかがでしょうか。
具現化野郎Bチーム 2018年雪山ツアー

具現化野郎Bチーム 2018年雪山ツアー

今年も行きました!雪山ツアー!今回は野沢温泉スキー場。日頃の行いの良さからか、2日間とも快晴でした。天気がいいと見える景色も神がかってきます。
You Tuberによる、来店プロモーション事例

You Tuberによる、来店プロモーション事例

実際に店舗に足を運んでもらうには様々な工夫が必要となります。動画マーケティングが叫ばれて久しいですが、スマホの普及により、いつでもどこでも動画を閲覧できる時代になりました。今回は、Youtuberを使ったインフルエンサープロモーション事例を紹介します。
おもしろ店頭什器の開発ストーリー~ 昇降型店頭什器 ~

おもしろ店頭什器の開発ストーリー~ 昇降型店頭什器 ~

店頭什器や店頭POPにはさまざまな開発ストーリーがあります。ボンビで開発を担当したおよそ2.5メートルの高さの商品陳列什器の開発ストーリーをまとめています。「脚立を使わずに商品を手に取りたい」きっかけはお客様のご要望でした。
こころに栄養を

こころに栄養を

忙しく働いている日々。仕事上のストレスによる精神疾患が謳われて永くなり、「働き方改善」が求められる今現在。ストレスとうまく付き合うことも仕事をしていく上で必要なことです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 O bonbi GOSSIP 編集部 O
   
            “プロモーション110番”           
“pet_insta”
“pet_fb”
“ilovepets”
“bsquare”