2020年1月28日 更新

ドッグフードメーカー向け店頭什器、売り場に合わせた工夫

量販店、ホームセンター、スーパーマーケット、コンビニ。売り場によって広さ、通路の太さ、顧客導線、明るさ、色、いろいろな違いがあります。ターゲットユーザーの目線の高さや、背の高さにも注意します。什器の素材感含めてこだわって設計・製作していく必要があります。

1,200 view

売り場に合わせた店頭什器‐ドッグフードメーカー案件

いろいろな売り場があります。
量販店、ホームセンター、スーパーマーケット、コンビニ。

各売り場の広さや、色、明るさ、さまざまな条件によって店頭什器も変わります。
メインとするターゲットユーザーの背の高さや、目線の高さ、好む色。
目立ちやすく、光沢素材を使ったり、什器を婉曲させたり…

今回のクライアントは、ドッグフードメーカーのN社。
量販店、ホームセンター、動物病院、などの各売場の広さに合わせた売り場専用什器の提案。

ある程度のデザインは決まっていて、ほぼ製作を担当しました。
好評でマイナーチェンジを繰り返した売り場専用什器:Aラック

好評でマイナーチェンジを繰り返した売り場専用什器:Aラック

売り場専用什器のデザイン以降の製作を担当

デザインはある程度決まっていたので、ラフ構造図→見積り→図面作成→試作→量産となりました。
ドッグフードメーカー売り場什器:Bラック

ドッグフードメーカー売り場什器:Bラック

長く使いたいという意向を受け、強度優先でした。棚板はスリットパイプにすることで、ガチャ受けでフレキシブルに対応できる仕様です。
スチールをメイン素材とし、看板はスチールと樹脂(PET)を使用しました。

製作にあたって、難しかったところなんですが、看板部分のPET(樹脂)を両面テープで止めていたのですが、ズレて両面テープがはみ出てしまい、PET樹脂が動かなくなってしまい、看板の交換が出来ない什器が4-5台出てしまったことです。
狭い売り場では、コンパクトな什器:Cラック

狭い売り場では、コンパクトな什器:Cラック

強度優先で設計し、特にキャスター部分の構造は、棚が満載になるとかなりの重量だったので、特に気を付けました。

棚のガチャ受けとスリットパイプの芯々(芯から芯までの距離)をしっかりと冶具で検品して完成にいたりました。
看板なしパターンの店頭什器:Dラック

看板なしパターンの店頭什器:Dラック

納品物を確認したドッグフードメーカーからは好評で、リピート案件となり、Aラック、Bラックはマイナーチェンジを踏まえて4年ぐらいにわたり、製作を担当しました。

当社の売りとしては、売場・商品・予算に合わせた什器を、短納期で図面から数種類製作出来る体制があることです。工場を持ち、自社で製作まで完結できます。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

株式会社凡美社、店頭販促をDXする 新サービス「bonbisha-DX」を開始

株式会社凡美社、店頭販促をDXする 新サービス「bonbisha-DX」を開始

株式会社凡美社は新たに店頭に強いDXビジネス開発事業として「bonbisha-DX」を立ち上げました。
アメリカ版のJPM AWARDS!「Shop! Market Place」レポート シリーズ第1回

アメリカ版のJPM AWARDS!「Shop! Market Place」レポート シリーズ第1回

アメリカ版のJPM AWARDSのような店頭販促業界のイベントに行ってきました。計3回にわたりその模様をレポートします。第一回目は、店頭販促物のレポートです。
海外店頭販促物視察 第二回

海外店頭販促物視察 第二回

多様性が進んでいる欧米社会。日本とは違った側面での展開や訴求がある。店舗の洞察ではなく、店頭販促什器の洞察。プロセスや理由づけを深堀りすることはできないが、与えられた中で推察をしてみる。
デザイン手法「タイポグラフィ」

デザイン手法「タイポグラフィ」

様々なデザイン制作は制約のある中で広さと深さを追求します。店頭POPや店頭什器のグラフィックデザインも同様に制約の中で『違い』を作ることが重要になります。タイポグラフィをうまく利用した『違い』とは。
店頭マーケティング考察シリーズ パート1 店頭販促物と店頭展開における基礎知識

店頭マーケティング考察シリーズ パート1 店頭販促物と店頭展開における基礎知識

ある仕事で流通さん向けに店頭マーケティングの基礎知識をレクチャーする仕事があったのをきっかけに、再度店頭マーケティングを考察してみました。シリーズ化で深堀りをしていきたいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 bonbi GOSSIP 編集部
   
            スゴイコト