2020年3月31日 更新

東急ハンズに見る店舗マーケティング

東急ハンズは、定番の「東急ハンズ」だけではなく、複数業態を展開しています。どんな業態があり、狙いはどこにあるのでしょうか?

181 view

東急ハンズ以外の店舗業態

東急ハンズが展開している他業態にはどんなものがあるのでしょうか?

ハンズビー

○国内店舗数:20店舗
○小型専門店のため大型店舗はなし。こだわりや上質を求める都市型生活者向けの提案型ライフスタイルショップ
少し古いですが、ハンズビーにも触れられた当時の社長のインタビューです。

ハンズカフェ

○ハンズカフェとは…コンセプトは「SHAKE HANDS」。
お客様とスタッフ、もしくはお客様同士がコミュニティを築く場所とし、季節限定のオリジナルメニュー販売や、ワークショップ開催等各種イベントを実施する等工夫を凝らしている。

○店舗情報:関東3店舗/関西2店舗/九州・沖縄1店舗

「ヒントマーケット」というキャッチフレーズ

東急ハンズのキャッチフレーズは「ヒントマーケット」というものです。

渋谷店などはその品揃えの多さ、商品ジャンルの多さ(例えば他店では取り扱いが少ないシューリペア用品の豊富さ)などが特徴的で、行ったら買う気がなかったけど「これいいな」となって購入した経験のある人もいるのではないでしょうか?

そう考えると「ヒントマーケット」というキャッチフレーズも頷けます。

ハンズビーで取り扱われている商品

ハンズビーでは期間限定ショップなども展開

ハンズカフェではコラボレーションメニューなども展開

特徴的な商品展開、期間限定ショップなどの企画、キャラクターとのコラボレーションなどを積極的に進めているようです。

店頭販促企画や陳列の工夫なども現地で見ていくと、学びがありそうですね!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

桜美林大学と産学連携!「ディスプレイ研修合宿」レポート最終回

桜美林大学と産学連携!「ディスプレイ研修合宿」レポート最終回

桜美林大学の大学生を迎え行われた「ディスプレイ研修合宿」レポートの最終回をお届けします。前回のプレゼンを受け、学生たちのデザインした店頭什器をボンビの工場で製品化しました。完成した什器を見たときの学生たちの反応はどのようなものだったでしょうか?
5分でわかる!店頭におけるクロスメディアプロモーション

5分でわかる!店頭におけるクロスメディアプロモーション

クロスメディアプロモーション、業界に関わる方なら、一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか? かつては、4マス広告+Web+店頭などの手法が取り沙汰された時代もありましたが、今はどうなのでしょうか?
bonbi GOSSIP 編集部 | 1,439 view
売上向上の秘策?! リテンションマーケティングとは?

売上向上の秘策?! リテンションマーケティングとは?

「売上の低下」、「伸び率の鈍化」 営利企業にとって、大きな問題となります。それらを回避するために用いられるリテンションマーケティングとはどのようなものでしょうか?
コロナの影響を受けにくいビジネスとは?

コロナの影響を受けにくいビジネスとは?

コロナウイルスにより、事業環境も一変しています。コロナの影響を受けにくく、またはその影響下でむしろ伸びつつあるビジネス領域に注目しまとめてみました。
ダイナミックプライシングが変える、これからのマーケティングとプロモーション

ダイナミックプライシングが変える、これからのマーケティングとプロモーション

今流行のダイナミックプライシングについて解説します。マーケティングの4Pでいうところのプライス(価格)を変動させ収益の最大化を図る仕組みですが、どのような事例があるのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 bonbi GOSSIP 編集部