2018年1月26日 更新

5分でわかる!セグメントマーケティング

セグメントマーケティングとは、市場のいる人々を特定のグループに分け、それぞれのグループごとにマーケティングを組み立てることを指します。

968 view

セグメントマーケティングとは??

 (303)

 用途としては、「広告宣伝」もしくは「新規商品開発および改善」を行う場合に、セグメントマーケティングの考え方が用いられることが多いです。

広告宣伝で使用する場合

 セグメンテーションは、広告や宣伝、ブランディングなどを行う際に活用されます。

 セグメンテーションにより市場を細分化すれば、より効果の高いマーケティングの効果実現の可能性があることは言うまでもありません。マス的に全方位の広告宣伝をすれば、莫大な費用がかかるだけでなく、その効果も半減します。
Free photo: Team, Motivation, Teamwork - Free Image on Pixabay - 386673 (307)

 ライフスタイルや購買行動における振る舞い、製品やサービスに抱くイメージなどから、顧客を特定のセグメンテーションに分類することで、彼らの感情に働きかける広告・宣伝やブランディングなどを行うことができます。

広告宣伝で使われるセグメンテーション基本の作り方

広告宣伝の現場でよく使われるセグメンテーションは以下の3つです。

◯ジオグラフィック分類:地理属性分類

Free photo: Japan, Tokyo, Shibuya, Japanese - Free Image on Pixabay - 217882 (314)

国や地域、都市/市町村などでセグメンテーションをおこないます。例えば、東京都渋谷区在住者向けなどのキャンペーンを行う際などに利用されます。住所だけではなく、渋谷駅周辺の繁華街によく来る人、など向けの広告キャンペーンなども考えられます。

◯デモグラフィック分類:属性分類

Free illustration: Smartphone, Hand, Photo Montage - Free Image on Pixabay - 1445489 (316)

年齢や性別、家族構成、職業、社会的な階層などで分類します。ファッション業界などは、年齢や性別を基軸とした顧客分類をすることが多いです。また、分譲マンションなどの不動産・住宅業界では、家族構成(一人用、家族用、子持ち世帯向け)などを踏まえた商品設計をしています。
Free photo: Living Room, Condo, House - Free Image on Pixabay - 2155353 (331)

◯サイコグラフィック分類:心理分類

Free illustration: Shame, Child, Small, Criticism - Free Image on Pixabay - 799099 (319)

価値観やライフスタイル、性格や好みをさします。たとえば、不安が強い人にとってはコンプレックスが過剰に感じられるという心理学的傾向があります。ダイエット食品などの広告宣伝はその好例です。不安を感じやすいという人の価値観やライフスタイルに合わせて、広告の出稿メディアや表現内容を変えるなどを行う場合があります。

商品開発や販売で利用する場合

セグメンテーションの考え方は、商品開発においても活用できます。
ただし、このセグメンテーションの分け方は、先ほど説明した広告宣伝に活用するセグメンテーションとはアプローチが異なります。
Free photo: Automobile, Automotive, Benz, Car - Free Image on Pixabay - 2178289 (323)

 商品開発や販売においては、購入者の過去の利用状況、ブランドへのロイヤリティ、購買頻度や履歴、購買決定のプロセスや方法など、広告宣伝とは異なる要素が複数含まれるため、多角的なセグメンテーションを確立する必要が出てきます。

商品開発で重視されるセグメンテーションとは?

 それは、行動変数と呼ばれる考え方です。

 顧客管理を行う上では、古くは店舗での紙の会員証、ポイントカードなどしかなかったので、情報を集約するのが大変でした。集約や集計も一筋縄でなく、購買頻度の把握などが極めて難しい状況にありました。
 ところが、ITの発展に伴って、顧客の購買履歴や動向を記録・集約し、比較的短時間で集計ができる時代となりました。
Free illustration: Membership, Card, Credit, Plastic - Free Image on Pixabay - 685021 (328)

 例えば、購買頻度の高いお客様向けにメールでプロモーションを仕掛けることは、マーケティング手法として当たり前になっています。
 また、Aという商品を買った場合、Bという商品も買う傾向にあるなど、顧客の行動を分析し、その行動をパターン化して、次の商品企画に役立てるなどといったことも普通にできる時代です。

 このように商品開発のためのセグメンテーションでは、この「行動変数」が重要になってきています。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

とあるセールスプロモーション会社の営業が心掛ける5つのこと

とあるセールスプロモーション会社の営業が心掛ける5つのこと

セールスプロモーション(販促)会社の営業には、「情報収集」、「人脈つくり」、「夜の社交術」、「街を良く見る」、「営業姿勢」の5つが求められます。それぞれに関して、ボンビの企画提案営業のエキスパートがまとめています。
サブスクリプションモデルは販促やPRがしやすい?リアル店舗の可能性

サブスクリプションモデルは販促やPRがしやすい?リアル店舗の可能性

最近流行りのサブスクリプション(定額サービス)モデル。ネット界隈では2012年頃から複数のサービスが立ち上がってきていますが、飲食店やリアル店舗でのサービス展開はあり得るのでしょうか?販促やPRの視点も交えて可能性を探ります。
PR(広報)活動のイロハ

PR(広報)活動のイロハ

広報PRには企業広報と商品広報があり、企業広報は更に社外広報と社内広報に分かれます。ここでは社外広報、特にマスコミを相手にするパブリシティ活動(マスコミに情報を提供して記事や番組で取り上げてもらうこと)に関連する仕事をご紹介します。
販売促進とプロモーションってどう違うの??

販売促進とプロモーションってどう違うの??

混同されることがある販売促進とプロモーションという言葉。言葉の定義を明確にしながら、最新の販売促進とプロモーションのトレンドに迫ります。
bonbi GOSSIP 編集部 | 1,647 view
店頭POPとWebマーケティング

店頭POPとWebマーケティング

店頭POPと連動したWebマーケティングにはどのようなものがあるのでしょうか? 過去の事例や最近のトレンドを元に紐解いていきます。
bonbi GOSSIP 編集部 | 1,081 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 bonbi GOSSIP 編集部
   
            “プロモーション110番”           
“pet_insta”
“pet_fb”
“ilovepets”
“bsquare”