2023年4月25日 更新

ニューヨーク店頭レポートシリーズ「店頭の余白」RETAIL POWER IN NYC第二回 ターゲットの店頭洞察

ニューヨーク店頭レポート第三弾。「店頭の余白」を考察します。2回目はTARGETの店頭洞察レポートです。

121 view
 (6750)

NYCを一言で表現するならば”喧騒の街”である。

歩道で数瞬でも立ち止まれば悪態をつかれ、
クラクションの鳴り止まないラッシュ時の道路は、
車で2KM進むのに40分を要する。

世界でも有数の高額な賃料と人件費は、
カフェで簡単な食事をしても20ドル(約3000円)という
物価の高さとして消費者にも跳ね返ってくる。

何をするにも急かされる街。それがNYCだ。
その喧騒が一瞬やわらぐ場所がある。
小売の店頭だ。

例を挙げると、
5THアベニューのTHE NORTH FACEは、
表通りの喧騒とは打って変わって
空間が広く取られ、開放感がある。

セール時には入店制限をかけてまで、
店内空間のゆとりを保つことに重きが置かれる。

ニューヨークにおいて、展示可能な商品点数を
絞ることにも繋がり、販売効率から考えると
非効率ですらある”余白”のある空間作りが進んでいる。

欲しいものはネットで買うことができ、どのような
情報にもアクセスが可能といっても過言ではない現代。

この”余白”こそが、今の店舗に求められている機能
ではないだろうか。

今回は、店頭における”余白”の役割について考察する。

TARGET 店頭洞察

ターゲット・コーポレーション(Target Corporation)は、アメリカ合衆国で売上高第5位の小売業者だ。
ディスカウント百貨店チェーン「ターゲット(Target)」など、小売店1800店強を運営している。
アフターコロナになっても食品部門は、ウォルマートとターゲットは好調との記事をみかけるが、
都市の中心部にある「ターゲット」の店舗を引き続き観続ける。
 (6755)

タイムズスクエア中心に位置するターゲット。

想像もつかないほど高額な賃料を払っているはずだが
入り口のスペースはゆったりとしていて、
壁面にはアートを入れる遊び心が見られる。

人でごった返すタイムズスクエアとは対照的な
このスペースを通過する時間で

脳が小休止され、買い物をする前の気持ちが少し
リセットされるような感覚がする。
 (6757)

 (6758)

 (6761)

売り場そのものは、所狭しと商品が並ぶ印象だが
ふと目線を上げた先に設置されたビジュアルが醸す
抜け感により圧迫感が緩和される。

売り場として必須事項ではないように思えるが、
ものの多い空間において、余白を置くことでもたらされる
小さな開放感は、売り場全体の空気作りに大きく
寄与していることが見てとれた。
壁面にもアートが入っている。

壁面にもアートが入っている。

売り場に抜け感を加えるビジュアルポップ。

売り場に抜け感を加えるビジュアルポップ。

デザインを売るポストカードのコーナーはポップも文字オン...

デザインを売るポストカードのコーナーはポップも文字オンリーで商品を際立たせる。

消耗品に関しては、デザインより品揃えを優先。

消耗品に関しては、デザインより品揃えを優先。

まとめ

NYCは刺激的な反面、
息が詰まるような圧迫感のある街でもある。

どこに行っても人や情報に溢れた街だからこそ
”余白”を取り入れた店舗が人々の支持を集めるのだろう。

必要なものはネットで買える現代。
しかし、人は豊かになりたくて買い物に出かける。

”豊か”とは単純に欲しいものを手に入れる
という物質的な面のみでなく
気持ちのいい体験ができる、
解放された気分を味わえるといった
精神的な豊かさも内包している。

それは検索では手に入らない、
空間を持つ店舗でしか得られないものだ。

情報の量や品揃えで、店舗はネットに勝ち得ない。
反面、情報過多の現代だからこそ

情報を削ぎ落とし、気分を軽くする
本当にいい情報だけに絞った”体験”をデザインし、提供すること。

それが現代における店舗の使命だと感じた。

了。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ニューヨーク店頭レポートシリーズ「店頭の余白」RETAIL POWER IN NYC第五回DUANE READEの店頭洞察

ニューヨーク店頭レポートシリーズ「店頭の余白」RETAIL POWER IN NYC第五回DUANE READEの店頭洞察

ニューヨーク店頭レポート第三弾。「店頭の余白」を考察します。5回目はDUANE READEの店頭洞察レポートです。
ニューヨーク店頭レポートシリーズ「店頭の余白」RETAIL POWER IN NYC第四回TRADER JOE'Sの店頭洞察

ニューヨーク店頭レポートシリーズ「店頭の余白」RETAIL POWER IN NYC第四回TRADER JOE'Sの店頭洞察

ニューヨーク店頭レポート第三弾。「店頭の余白」を考察します。4回目はTRADER JOE'Sの店頭洞察レポートです。
ニューヨーク店頭レポートシリーズ「店頭の余白」RETAIL POWER IN NYC第一回 ベストバイの店頭洞察

ニューヨーク店頭レポートシリーズ「店頭の余白」RETAIL POWER IN NYC第一回 ベストバイの店頭洞察

ニューヨーク店頭レポート第三弾。「店頭の余白」を考察します。1回目はベストバイの店頭洞察レポートです。
ニューヨーク店頭レポートシリーズ「オムニチャネル施策」 RETAIL POWER IN NYC.  第4回 Macy'sの店頭洞察

ニューヨーク店頭レポートシリーズ「オムニチャネル施策」 RETAIL POWER IN NYC.  第4回 Macy'sの店頭洞察

ニューヨーク店頭レポート第4弾。「オムニチャネル施策」を考察します。4回目は、「Macy’s」の店頭を洞察します。
ニューヨーク店頭レポートシリーズ「オムニチャネル施策」 RETAIL POWER IN NYC.  第3回 Whole Foods Market /Trader Joe'sの店頭洞察 

ニューヨーク店頭レポートシリーズ「オムニチャネル施策」 RETAIL POWER IN NYC.  第3回 Whole Foods Market /Trader Joe'sの店頭洞察 

ニューヨーク店頭レポート第4弾。「オムニチャネル施策」を考察します。3回目は、「Whole Foods Market」と「Trader Joe's」の店頭を洞察します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 bonbi GOSSIP 編集部
   
            スゴイコト