2023年2月13日 更新

結構凝っています。映画館の等身大パネル

凡美社のデザイナーが昔から撮り貯めている映画告知ディスプレイ。少しではありますが紹介させていただきます。

310 view

映画館の等身大パネル

映画好きの凡美社デザイナーです。
私は数十年前から映画館で映画を観る前に、映画タイトルの告知ディスプレイ(等身大POPなど)の写真をよく撮ってきました。
今回は今まで撮影してきた告知ディスプレイをほんの一部ですが、ご紹介させていただいて、
個人的な感想をつけ、レポート記事としたいと思います。

映画館には映画公開前から公開終了まで映画作品を楽しく想像させる告知ディスプレイやPOP が沢山あります。
映画が始まる前のちょっとした時間に面白い POP があると写真をパチリ!
POP を見ただけなのにワクワク!
告知ディスプレイの写真を撮った映画をすべて鑑賞している訳ではありませんが、
作品の世界観を想像させる POP が映画館には盛り沢山あるので、
POP を見てるだけで楽しくなってきます。
観ていない映画も観た様な気分になることも度々あります。

振り返ると結構工夫をこらした物や時代を反映する面白い物が多々ありました。
懐かしい映画の告知ディスプレイもありますので、記憶にあるようなディスプレイもあると思います。

インパクトとサプライズの映画告知ディスプレイ

劇場でのインパクト! 
インパクトのあるビジュアル、サイズ、形状の工夫、素材等
映画が観たくなる効果的な演出が数多く見受けられます。
また設置場所もしっかり考慮されています。
【インディ・ジョーンズ】インディがロープでぶらさがって...

【インディ・ジョーンズ】インディがロープでぶらさがってる! 天井からロープで吊ることでインパクト大。

【エルム街の悪夢】フレディの存在感が素晴らしい。

【エルム街の悪夢】フレディの存在感が素晴らしい。

【マッハ GOGO 実写版】迫力満点!

【マッハ GOGO 実写版】迫力満点!

【チャーリーとチョコレート工場】眼鏡を模した大きな POP。

【チャーリーとチョコレート工場】眼鏡を模した大きな POP。

ディティールのこだわりがあり、完成度が高い映画告知ディスプレイ

特にハリウッド映画の POP は映画から抜け出した様な物や、細部に渡り細かいディティール
を施した物まであり、とても驚きます。大胆かつ繊細です!
【WALLY】全て紙で制作、ロボットのテクスチャーがリアル。

【WALLY】全て紙で制作、ロボットのテクスチャーがリアル。

【マダガスカル】大砲が半立体になっています。

【マダガスカル】大砲が半立体になっています。

【トランスフォーマー】こちらはコンボイの足が飛び出して...

【トランスフォーマー】こちらはコンボイの足が飛び出しています。

【ベイマックス】 エアバルーン素材がベイマックスのイメ...

【ベイマックス】 エアバルーン素材がベイマックスのイメージとぴったり!

【モンスターズインク】もはやこれは本物。

【モンスターズインク】もはやこれは本物。

懐かしい映画告知ディスプレイ

映画公開当時の流行りが反映されている物もあり、懐かしいものや今見ると笑える物もあります。
またグッズなどがコレクターの間で高値で取引されている物もあります。
映画の広告物は時代背景がとても分かりやすいとあらためて感じます。
【ストロボエッジ】懐かしい流行語『壁ドン』。

【ストロボエッジ】懐かしい流行語『壁ドン』。

【Mr&Mrs】懐かしいブラピとアンジェリーナ・ジョリ...

【Mr&Mrs】懐かしいブラピとアンジェリーナ・ジョリー 2 ショット。

【ゴーストバスターズ】大きなロゴマークが印象的。

【ゴーストバスターズ】大きなロゴマークが印象的。

世界観を想起、ストーリーを創造させるような映画告知ディスプレイ

登場キャラをモチーフにした物や、まるで映画の1シーンを切り抜いた様な物など、
映画を観なくてもストーリーを想像させる物が数多くあります。
【トイストーリー】 おもちゃ箱をひっくりかえしたイメージ。

【トイストーリー】 おもちゃ箱をひっくりかえしたイメージ。

【借りぐらしのアリエッティ】 葉っぱのディテイルが映画...

【借りぐらしのアリエッティ】 葉っぱのディテイルが映画のシーンを彷彿させます。

【ホットロード】 バイクのタンデムシーンの演出、一緒に...

【ホットロード】 バイクのタンデムシーンの演出、一緒に写真を!

【劇場霊】 通常より通路を暗くして怖さも強調。

【劇場霊】 通常より通路を暗くして怖さも強調。

イメージの誇張が分かりやすい映画告知ディスプレイ

【俺物語】目立つ鈴木亮平のカットアウト(主人公のキャラ...

【俺物語】目立つ鈴木亮平のカットアウト(主人公のキャラの大きさアピール)。

【クレヨンしんちゃん】 音声が流れるムービング。

【クレヨンしんちゃん】 音声が流れるムービング。

【SALT】タイトルロゴの中にグラフィック。

【SALT】タイトルロゴの中にグラフィック。

【奇跡のリンゴ】 紙で大きなリンゴの形状を表現(実際は...

【奇跡のリンゴ】 紙で大きなリンゴの形状を表現(実際はおとなしめの感動作品です。)

【テルマロマエ】面白い阿部寛の写実的な絵が世界観踏襲!

【テルマロマエ】面白い阿部寛の写実的な絵が世界観踏襲!

【スターウォーズ】大きなスノードームに雪が舞っています...

【スターウォーズ】大きなスノードームに雪が舞っています。(クリスマス時期)

映画告知と同時に他の販売物も告知するディスプレイ

映画告知と同時に売店のポップコーンや劇場の誘導サインの告知なんかもあります。
邪魔になって廃棄されない様、ちょっとでも映画館に設置してもらえる様なツールは
配給会社の姿勢や広告会社の工夫も伺えます。
【クレヨンしんちゃん】 ポップコーン案内。

【クレヨンしんちゃん】 ポップコーン案内。

【サンブンノイチ】 ポップコーン案内。

【サンブンノイチ】 ポップコーン案内。

【謝罪の王様】 来場謝罪(笑)。

【謝罪の王様】 来場謝罪(笑)。

【寄生獣】 AU マンデイ告知。

【寄生獣】 AU マンデイ告知。

【キック・アス / ジャスティス・フォーエバー】 トイ...

【キック・アス / ジャスティス・フォーエバー】 トイレ案内。

コロナ禍やネット動画配信で劇場への来場者激減、これからは?

コロナ禍が始まった2020 年 2 月以降、緊急事態宣言下では映画館の入場者数はそれまでの 8 割~ 9 割減だったそうです。
日本映画産業統計によると、2020年の観客数は 1億613万7000人で2019年と比べ 54.5%、
興行収入は 1432 億 8500 万円で前年比 54.9% まで落ち込みました。
以降 2021年には『鬼滅の刃』のヒットをきっかけに『シン・エヴァンゲリオン劇場版』
『竜とそばかすの姫』などがヒットし、回復傾向になりました。
2022年には『トップガンマーベリック』『ゆるキャン△』『すずめの戸締り』等のヒットもあり
ました。
withコロナという状況下で、座席制限の緩和などで大手シネコンを中心に営業環境も徐々に良化の気配を見せています(2023年は『THE FIRST SLAMDUK』が追い風に)。

ネット動画配信などで映画館来場者の増加はあまり期待できない風潮もありますが
一方では、海外からの渡航者の入国緩和で『アニメ大国日本』に、外国人がわざわざ鑑賞に来るような明るい兆しもあります。

近年の映画配給会社による広告物にかける費用はどんな変化があるでしょうか。
かける時はすごくかけますが、以前に比べるとかなり抑えるようになっていると感じます。
とはいえ、映画館以外でもたくさんの面白いプロモーションも多々見受けられます。
店舗や電車ジャック、ストリート占拠などの広告は見ることができます。
映画館来場者が記念に一緒に写真を撮って SNS にアップし拡散するなどの仕掛けもあります。
ネット配信ではなく、「映画館に行って大きなスクリーンで映画を観る」という価値観をどのように創って伝えていくかも映画コンテンツと映画館にとって非常に重要なポイントだと思います。

これからも個人的趣味と同時に映画プロモーションに注目していきたいと思います。
みなさんも映画館に行った際に目に入ってくる映画告知ディスプレイ、または街中の映画作品のプロモーションにあらためて注目してみてはいかがでしょうか?
もしかしたら好きな映画がもっと魅力的に感じるかもしれませんね。
 (6477)

了。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ニューヨーク店頭レポートシリーズ New York Holiday Season Research 第2回

ニューヨーク店頭レポートシリーズ New York Holiday Season Research 第2回

ニューヨーク店頭レポート第二弾。ニューヨークホリデーリサーチをお届けします。第2回目は家電量販店のベスト・バイ。ブラックフライデーからクリスマス、クリスマス後から年始までをレポートしています。
毎週最新の広告がアップデート! あの巨大OOHの定点観測レポート

毎週最新の広告がアップデート! あの巨大OOHの定点観測レポート

クリエイティブ力向上のために、日常業務の合間に「見せ方」「見え方」「伝え方」をストックさせるために、足で稼いでインプットする作業。AIに任せていく部分はもちろん重要である。しかし、地道に実際に触れて感じて、そして、ストックをすることが大切だと思う。
ニューヨーク店頭レポートシリーズ 「BACK TO SCHOOL」

ニューヨーク店頭レポートシリーズ 「BACK TO SCHOOL」

Retail Power in NYC vol.5。アメリカの新学期は夏休み明け。8月9月が日本でいう春休みの状況となり、新学期への買物シーズンとなる。当然そこには『セール』が成される。店頭はどのような展開をしているのかを考察する。
表現の仕方の感度が高まる「こども本の森 中之島」

表現の仕方の感度が高まる「こども本の森 中之島」

空間の使い方、陳列の仕方、そこをどのように人が活用するか、などに対して刺激がある。安藤忠雄氏が思いを込めた「こども本の森」に行ってきました。
アメリカ版のJPM AWARDS!「Shop! Market Place」レポート シリーズ第1回

アメリカ版のJPM AWARDS!「Shop! Market Place」レポート シリーズ第1回

アメリカ版のJPM AWARDSのような店頭販促業界のイベントに行ってきました。計3回にわたりその模様をレポートします。第一回目は、店頭販促物のレポートです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 bonbi GOSSIP 編集部
   
            スゴイコト