2024年3月13日 更新

見たら特する!おもしろ店頭販促ディスプレイ特集!2023年冬第一弾

店頭で面白い売り方や面白い店頭販促物を見つけてきました。その報告です。ワクワクする売場(買場)が創出されています。

480 view
凡美社では、常に店頭をリサーチしている。
流通チャネルごとの定点観測、クライアント様に特化した店頭での業界売場など。
メーカーや小売にとっては「売場」。
買い物客にとっては「買場」。
売り手の視点からの設計、買い手の売り手視点からの設計、さらには店頭スペースの制約、そして店頭オペレーションの考察、それらを網羅して考察をしてコミュニケーションデザインとコンストラクションデザイン設計をして生み出されるのが店頭販促ディスプレイになります。

買物客に伝えたいことは伝わっているのか?購買動機付けができるのか?それは商品そのものと、販促物にかかっています。
今回はランダムにリサーチし、ピックアップした店頭販促ディスプレイを紹介します。
弊社の実績物ではなく、あくまで店頭リサーチからの抜粋になります。

店頭販促ディスプレイ特集

① 子供の購買体験を楽しく

コカ・コーラのミニカンのベンダー什器。
子供が楽しく買い物ができる仕組みがある。
子供目線でつくられておりディテイルも凝っている。
気付くとボタンを押してしまいそうだ。
子供にとって楽しい購買体験ができる企画であり、また同じスーパーに行きたくなる。
こんな店頭販促装置がリピーター獲得までを役目として果たしている。
 (7933)

 (7934)

子供が押しているということが反映されているエビデンス。
リアルゴールドがあまり売れていない。
あくまで推察であるが、おっさんは、はい、リアルゴールドを買います。

② エンタメ感ある「パイバナー」

スーパーの青果売り場に置かれていたパイナップルのスライサー。
売り場のパイナップルを入れてボタンを押すとカットしてくれる。
多少、無駄にカットされてしまう感もあるが、帰ったらすぐに食べられて便利である。
何がエンタメかというと、
カットしている様子にエンタメ感があり、面白い。
そして、カットしてしまったら買うしかない。
 (7938)

 (7939)

動画がyoutubeにアップされていたからリンクを貼る。

パイナバー自体の稼働は無料。
パイナップルおよそ@500弱を売ってくれるエンタメ販促器と解釈ができる。

③ 商品選びが分かり易い「チャート表」

多くの種類の商品がある売り場に便利なのが「チャート表」。
実際の商品が、どのような区分になるのかを、店員さん目線で分かりやすく教えてくれる。
お店によって区分や整理の方法が異なるのも楽しい。
お店の個性などを表すことも可能な表現方法。
 (7944)

 (7945)

 (7946)

買い物客にとっては、こういうのがあると非常にありがたい。
選びやすい。
店頭での購買プロセス(店に入ってから)においては、
昔から、認知力(Attention)→想起力(Remind)→比較力(Compare)が重要とされている。
比較して、商品理解をして、自分に合った、正しい買い物ができるというのが理想だ。
このツール表現はそれを可能にしている。

お店側の「売る気」を感じることができるし、
「人間味」を嗅ぎ取ることができる。

④ 買い物ナビ什器

オーラルケアは万病の予防になる。
オーラルケアは認知症予防にもなる。
オーラルケアは人生をかけた闘いである。
なんて思ったりもする。
人とのコミュニケーションにも非常に重要なオーラルケア。

ペーストではなく、ギアも多種多様なギアがある。
ハブラシ、舌ブラシ、歯間ブラシ、フロスなどなど。
ラインナップの多い商品選びに便利な、商品選びを指南してくれる什器。
ターゲット別にラインナップを紹介してくれている。
 (7950)

 (7951)

これは便利。
歯垢は歯ブラシでは6割ほどしか除去できない。
さまざまなギアで除去率を上げていく。
オーラルケアは非常に重要。

メーカー側からの流通への商談の側面を考察。
エンド横のサイドネットを陣取って、長期間キープできる可能性がある。

⑤ 全体がホログラムでピカピカ

ファミリーマートのHappyくじ「Disney プラチナオーナメントくじ2023」の什器。
商品タイトルをそのまま素材に活かした企画。
豪華な仕様はアテンション効果も高い。
 (7955)

 (7956)

ディズニーの力は偉大である。
そして各企業がコラボするディズニーコンテンツも偉大である。
経費はかかるが、売上が上がる。
コラボすれば、それをフックにブランドチェンジやトライアル客獲得を
促進できる。商品力が良ければ、リピーターになる可能性もある。
プロモーション業界にいると、何をしても勝てないすごく巨大な権威に映る。
購買促進をする最強コンテンツ、ディズニーコンテンツ。

まとめ

マーケティング4.0時代と言われている今、
コトラー先生は5Aというカスタマージャーニーモデルを提唱されている。
5Aのカスタマージャーニーでは顧客間の接続性を反映し、
①認知(AWARE)、
②訴求(APPEAL)、
③調査(ASK)、
④行動(ACT)、
⑤推奨(ADVOCATE)
というプロセスで説明されている。

生活琴線の中で、広告や人づてではじめて製品情報を得る機会と、
店頭ではじめて製品情報を得る機会、どっちが多いだろうか?
人によっては圧倒的に店頭での認知が多くないか?と思ったりもする。
改めて店頭リサーチをしながら考察すると、
⑤の推奨は一旦置いておくと、店舗内でも5Aは当てはまる。

長年、テレビ広告を売りたい人達により、メーカーと流通の商談が当たり前のように、
テレビ広告のGRP投下量をメインに成されてきた。
今は違う。
メーカーは、流通から場所を借りて小売り店に代理販売をしてもらっている。
その商談を有利に進める仕掛けはまだまだある。
そこには、もちろん買い物客が商品を買うセルアウトが活性化させる施策が重要であるが、
その仕掛けも店頭プロモーションとwebプロモーションとの連携で可能である。
認知を店頭にもってきてwebも繋げて購買行動に落とす。
広告ではなく、販促に携わっている矜持を持って、店頭リサーチを捉えていきたい。


了。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

見たら特する!おもしろ店頭販促ディスプレイ特集!2024年第十弾

見たら特する!おもしろ店頭販促ディスプレイ特集!2024年第十弾

店頭で面白い売り方や面白い店頭販促物を見つけてきました。その報告です。ワクワクする売場(買場)が創出されています。
接客嫌いの方必見!接客されずに試着し放題の売場があります!!

接客嫌いの方必見!接客されずに試着し放題の売場があります!!

そごう横浜店のプロモーションスペースに期間限定で33ブランドお勧めアウター約100着を一堂に集結。接客されずに試着し放題の売り場だということで実際に行ってきました。
コクブ | 281 view
【最終回】ニューヨーク店頭レポートシリーズ RETAIL POWER IN NYC vol.7 エピソード3

【最終回】ニューヨーク店頭レポートシリーズ RETAIL POWER IN NYC vol.7 エピソード3

7回目になるニューヨーク店頭レポートシリーズ RETAIL POWER IN NYC。世界の中心とも言われるニューヨークの様々な販売チャネルの店頭を洞察してきた。これでニューヨークシリーズは最後である。
見たら特する!おもしろ店頭販促ディスプレイ特集!2024年第六弾

見たら特する!おもしろ店頭販促ディスプレイ特集!2024年第六弾

店頭で面白い売り方や面白い店頭販促物を見つけてきました。その報告です。ワクワクする売場(買場)が創出されています。
刺激的な店舗デザインだった「U.F.O」

刺激的な店舗デザインだった「U.F.O」

宇宙を演出したワクワクするお店が梅田にありました。今はもうないですが、記憶をたどって紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 bonbi GOSSIP 編集部
   
            スゴイコト