2022年11月8日 更新

「チン!するレストラン」へ行ってみた!けど・・・

冷凍食品の需要が高まっています。実はこんなユニークなイベントが開催されていました。

515 view

在宅ワークで需要が増えたことによるイベント

「チン!するレストラン」へ行ってみた!

 (5841)

 (5843)

けど入れなかった、、、。
物珍しさに惹かれ意気揚々と向かうも完全予約制でした。すぐさま予約をしようとするも
期間内平日休日すべて満席!キャンセル待ちを試みるもダメでした。

「チン!するレストラン」とは

そもそも「チン!するレストラン」とはですが、冷凍食品・アイスクリーム業界最大のキャンペーン「フローズン・アワード」の特別企画で期間限定で開催されたレストランで、冷凍ケースから自分で冷凍食品を選び、自分でチンするというセルフスタイル。

開催場所はヨドバシカメラアキバ、
内容はランチタイム(11:00~17:00)は¥1500、
ディナータイム(17:00~21:00)は¥2500で
90分間約200種類の冷凍食品・アイスクリームが食べ放題というレストランです。

冷凍食品需要の高まり

昨今、在宅勤務の増加で冷凍食品の売り上げが伸びています。
このことも期間全日満席につながっているのかもしれません。
私自身も在宅時、いままで食べなかった冷凍チャーハンをかなりの頻度で食べていました。だからこそ色々な冷凍食品を食べることができるこのレストランに行きたかったのに、、、。口惜しい!

このままでは終われない

「行けませんでした」では話のネタにもならない!
なので自宅で「チン!するレストラン」やります!
帰り道のスーパーで今まで買ったことのない量の冷凍食品とアイスクリームを買い込みました。
餃子、チャーハン、シュウマイ、グラタン、ハンバーグ、とんかつ、焼きおにぎり、たこ焼き、お好み焼き、油そば、パスタ、アイス、アイス、アイス、、、
今日の晩御飯は冷凍食品祭りだ!、、、、、、、
息まいてはみたんですが我が家の電子レンジが年代物の為、自分の食欲に温めが間に合いませんでした、、、。そしてところどころ冷たい。
 (5846)

そういえば「チン!するレストラン」と同時開催で「電子レンジ総選挙」なる企画も開催されていました。レストラン内で使用する電子レンジがいろんなメーカーさんのものだったみたいですね。電子レンジを買い換えたほうが美味しく食べることができるなら勢いで買ってしまったかも?

食品メーカーさんのプロモーションと家電メーカーさんのプロモーションが同時に行われて、機会創出や必要性の創出をすることで、買い替えを促進していました。

次回は是非行きたい「チン!するレストラン」

今回残念ながら参加できませんでしたが、満員の理由はやっぱり在宅ワークの増加で需要が高まっていたタイミングで開催されたことかなと思います。
プロモーション観点で言えば成功!個人としては参加できずで残念!といったところです。
電子レンジ総選挙の同時開催も面白いと思いました。
美味しい冷凍食品の発見とともに「我が家の電子レンジやばいかも?」「このメーカーの電子レンジが良い!」といった気付きを与えてもらえます。
あとこのレストランはビュッフェスタイルよりもさらに人件費が安そうです。
正確なことはわかりませんが、店員さんはゆったりしてたような気がします。

実際に入れなかったのがすごく悔しいですが、次回開催時こそは参加してみせます!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

メニュー表はお店の顔

メニュー表はお店の顔

飲食店のメニュー表が好き、そして観察をし考察を行っているデザイナーの日記です。
インテリアスタイルに見る家電プロダクトデザインの変化

インテリアスタイルに見る家電プロダクトデザインの変化

インテリアスタイルは時代とともに変遷します。今のトレンドは?。 インテリア空間の一端を担う家電製品も、それにあわせて変容します。今の時代の家電製品のプロダクトデザインの変化と売場を考察します。
アメリカ版のJPM AWARDS!「Shop! Market Place」レポート シリーズ第2回

アメリカ版のJPM AWARDS!「Shop! Market Place」レポート シリーズ第2回

製品を商品にして、お客様に売れるという状況をつくることがプロモーションコンサルティングになります。そこには、『商品が売れるストーリーづくり』と『ストーリーの展開』が重要になります。
販促考察 ヲタ女のグッズに惹かれる購買欲から販促施策の儲けを考える。

販促考察 ヲタ女のグッズに惹かれる購買欲から販促施策の儲けを考える。

推し活やヲタク心の購買欲から『今買うべき理由』を醸成するプロモーション施策。商品とは関係ないパワーコンテンツを利用して直接購買動機付けを行う販促手法です。このような販促手法において売上アップだけではない儲けはどこで生み出されるのでしょうか。
頭の中を柔らかく!ミニチュアアート作品から新しい視点と自由な発想を得よう!

頭の中を柔らかく!ミニチュアアート作品から新しい視点と自由な発想を得よう!

日常にある物を別の物に見立てをし、ミニチュアの視点と自由な発想でアート作品を作り続けておられる田中達也さんのミニチュアアート作品の展示会レポートです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 bonbi GOSSIP 編集部
   
            スゴイコト