2023年4月3日 更新

I💛PETS インターペットに出展 

ボンビグループの株式会社ボンビアルコンがインターペットに出展しました。

124 view
Just a moment... (6674)

プロモーション事業とペット用品事業

株式会社凡美社はボンビグループのプロモーション事業をメインに行っている企業ですが、長年のモノづくりのノウハウを活かして、同時にペット用品事業も展開しており、ペット用品メーカーでもあります。

プロモーション事業は、セールスプロモーションメーカーとして老舗ではありますが、ここ数年は、さらにプロモーションコンサルティングができる会社としてモノづくりとコトづくりの両方を行いながら、お客様の販促活動を支援していけるよう変貌を遂げています。
ペット用品事業は、メーカーとして、モノづくりを軸に製品開発と品質管理にこだわっています。
モノづくりにおける品質管理は非常に重要ですが、メーカーとしての品質管理基準を、プロモーション事業の販促物や販促什器の品質管理に適用しながらモノづくりを行っているという強みがあります。

ペット用品事業においては、製品の開発と製造を凡美社で請け負っていますが、
販売はグループ会社の株式会社ボンビアルコンが行っています。
当然、ボンビアルコンは製品を流通させるために流通商談を行っています。
このノウハウがプロモーション事業にも活きています。
プロモーション事業では、メーカーであるお客様が商談される流通側のバイヤー(問屋や小売の方々)にどのような施策を以て、商品をお買い上げいただけるかということが重要になります。
もちろんショッパーが商品を購入する機会を創出する『セルアウト』施策を考えながら、
流通側がメーカーの商品を大量購入、大量陳列していただけるよう、『セルイン』での商談の手助けができるような提案が必要になります。

モノづくりを基盤に、「プロモーション事業」と、「ペット用品のメーカー事業」を同時に展開してきたボンビグループは、ビジネスをトータルで考え、相互補完できる組織となっています。

I💛PETS

今回は前述した株式会社ボンビアルコンが展開している「ペット用品」について
紹介をします。
ボンビグループが提供しているペット用品は『I💛PETS』というブランド名で販売しています。
ブランドロゴ

ブランドロゴ

インターペット 出展

2023年3月30日から4月2日まで開催された「インターペット」にI💛PETSで出展しました。
アフターコロナでのイベントは集客力が高まっていますが、
小生が行った3月31日は企業向けと一般客両方の対象日だったので、すごい数の来客数でした。
ペットも連れて入場ができますので、バギーの数も多く、普通にテンポ良く歩けないほどの
混雑でした。猫はこういう場には適さないため、犬連れのお客さんが大半でした。
小生は犬好きではあるのですが、様々な犬(大型~小型)を見ることができたのでよかったです。

今回のインターペットでは趣向を凝らしたイベントを行っていたようです。
特に面白そうだと思ったイベントを紹介します。

●未来トリマー
事前に応募をしていた子供達を対象に、プロのトリマーが講師を努めトリミング体験をするイベントです。犬型のウィッグ(人形)が用いられます。

●キッズ医師体験
公益社団法人日本獣医師会、SJDドッググルーミングスクール、日本獣医学生協会が協力をして
行われるイベントで、子供達が獣医師さんの仕事を体験できるプログラムです。

●いっしょに逃げてもいいのかな?展
ペットとの防災をテーマにした巡回展です。ペットと一緒に、どのように災害を乗り越えていくのか。「もしも」の時に備えて、ペットとの防災を考える企画です。

●ペットと楽しむお花見&夏グッズを作ろう!
ペットグッズハンドメイド講師を招いて、ペットと一緒にお花見や夏を楽しむためのオリジナルアイテムを作る企画です。

そんなインターペットにI💛PETSも出展をしました。
 (6637)

2コマほどの小さいスペースでしたがメイン通路の角だったので、ブース前を通る客数は非常に多かったです。

商品紹介

First Mate

First Mate

まずはFirst Mateです。I💛PETSでは、First Mateを輸入して販売いています。
First Mateはカナダ、バンクーバー郊外の町でペットの健康のためにヘルシーで栄養価の高いペットフードを製造している家族経営の小さな会社です。
生まれたての子犬からシニアの犬まで、幅広いニーズに合う高品質なペットフードを製造しています。
安全でナチュラルな原材料だけを使用し、何かの副産物や合成添加物は一切使用していません。
さらに世界で初めてグレインフリーのドッグフードを作った企業になります。
グレインフリーとは、穀物(小麦、とうもろこし、米などの穀物全般)を完全不使用という意味です。肉食動物である犬や猫は脂質とたんぱく質からエネルギーを摂取するため、穀物は消化しにくく腸に負担をかけてしまうためグレインフリーのドッグフードは犬や猫に優しい食べ物となります。
さらにグルテンフリーでもあります。
First Mateは、健康の為に最も重要な消化・吸収を第一に考え、他にない製法で消化の負担を軽減し、しっかりと栄養吸収できるように工夫されたペットフードで、まさに『愛するペットのことを考え抜いた』商品となります。
First Mate

First Mate

 (6640)

 (6641)

ペットフードの次はおもちゃの紹介です。
おもちゃといっても、それぞれにペットのためになる作用があります。
紹介動画リンクを貼りますのでぜひ視聴してください。
犬用トイレ&猫用トイレ

犬用トイレ&猫用トイレ

 (6647)

トイレトレーは多種多様です。
六角メッシュで掃除が楽にでき、低床で幼犬や老犬も安心してトイレができるように設計してあります。取り外し可能でトイレのしつけができるようなトレーにもなっています。
さらに、インテリアにふった部屋を選ばないお洒落なトレーや、足を上げて小用を足す犬用ように
壁があるものもあります。
キャットポール、キャットウォーク

キャットポール、キャットウォーク

続いてキャットポール、キャッとウォークになります。
某youtuberの部屋にあったり、某動物系のテレビ番組の猫編の家模様などでバックに映っていることが多いです。
猫が遊べる用に紐で垂らした玉をつけたり、
観賞用に透明ボウルハンガーをつけて、ここで休んでいる猫の肉球を眺めたりすることができます。
猫の肉球は猫好きの人にはたまらない、猫の魅力の一つだそうです。
 (6649)

BOTANICAL CARE SERIES

BOTANICAL CARE SERIES

●ボタニカルドライシャンプー、ウェットティッシュ、肉球ケアクリーム
角質を保護し潤いをキープするピーチセラミドを配合したボディケア商品です。

●ボタニカルデオドラント
桃のフラボノイド&柿タンニンが生活空間を快適にします。ペットの排尿後の臭いに特に効果的です。
LakuRia

LakuRia

LakuRiaは、ラクラク飲めて、ラクラク洗える給水器です。
・受け皿式で飲みやすい。・はじめたの水飲みに。・透明皿で中が見える。・犬にも猫にも使うことができる。など、様々な特徴があります。
 (6646)

最後に紹介するのは、犬用の室内サークルです。
I💛PETSには、様々なゲージやサークルがラインナップでありますが、今回はまるごと洗えるカバーつきの「Soft wan circle」を紹介します。
一瞬、犬用のアウトドアテントかと思いますが、キャンプ時のタープやテントに発想を得て作られていると想像ができます。
ポイントは幼犬や老犬にも優しい、おしゃれなソフトフェンスサークルであるということです。
オリ感のないシンプルなデザインでぶつかっても安全な生地製&入口は低床式です。
撥水加工生地で水洗い可能で、ベッドやトレーも入るゆったりサイズで、さらに軽量で持ち運びもラクラクです。
通気性を考えて、タープやテントのように3方向にメッシュドアがついています。
犬にとっては、穴ぐらのように囲まれた空間で落ち着ける場所になります。

youtubeチャンネルもあります。

以上、今回のインターペットで展示されていた商品を中心に、I💛PETSの商品をいくつか紹介させていただきました。

なおI💛PETSはyoutubeチャンネルを運用しているので、ぜひyoutubeチャンネルのご登録をしていただけますと幸いです。
犬や猫が、より快適に暮らすことができるように様々な商品を開発、販売をしております。
了。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

販促考察 ヲタ女のグッズに惹かれる購買欲から販促施策の儲けを考える。

販促考察 ヲタ女のグッズに惹かれる購買欲から販促施策の儲けを考える。

推し活やヲタク心の購買欲から『今買うべき理由』を醸成するプロモーション施策。商品とは関係ないパワーコンテンツを利用して直接購買動機付けを行う販促手法です。このような販促手法において売上アップだけではない儲けはどこで生み出されるのでしょうか。
最近よく見るインスタレーションって何? 店頭と結びつく体感型アート

最近よく見るインスタレーションって何? 店頭と結びつく体感型アート

『体感』や『体験』が重視される現在のプロモーション施策。インスタレーションアートの側面から、店頭演出を考察してみます。
海外店頭販促物視察 第一回

海外店頭販促物視察 第一回

多様性が進んでいる欧米社会。日本とは違った側面での展開や訴求がある。店舗の洞察ではなく、店頭販促什器の洞察。プロセスや理由づけを深堀りすることはできないが、与えられた中で推察をしてみる。
凡美社の環境配慮への取り組み

凡美社の環境配慮への取り組み

凡美社は、プロモーションや店頭販促の提案においても、持続可能な社会の実現に向けた側面の提案をさせていただくとともに、脱炭素社会の実現に向け、実質再エネ100%電力への切り替えなどSDGsに資する取り組みを進めています。
表現の仕方の感度が高まる「こども本の森 中之島」

表現の仕方の感度が高まる「こども本の森 中之島」

空間の使い方、陳列の仕方、そこをどのように人が活用するか、などに対して刺激がある。安藤忠雄氏が思いを込めた「こども本の森」に行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 bonbi GOSSIP 編集部
   
            スゴイコト