2018年6月22日 更新

ライザップ(RIZAP)のプロモーション費用はいくらかかっているのか?

5月15日に発表されたRIZAPグループの決算発表からそのプロモーションを振り返ってみます。ビフォーアフターが印象のあのCMも相当なコストがかかっていると想定されます。Web広告、店頭POP、店舗什器などのセールスプロモーションコストを合わせるといくらぐらいになるのでしょうか?

319 view

ライザップ(RIZAP)のプロモーションによる認知度は?

悩ましいダイエット

悩ましいダイエット

自分で自分を追い込むのは難しい??…

RIZAPの認知度(知名度)

店舗が一定数ある北海道以外のエリアでは、「ライザップ」という読み仮名の認知は90%を超えたと言われています。(*北海道エリアは現在1店舗)

水曜日のダウンタウンで発表されたタレントの知名度(認知度)ランキングにおいて、国民的なお笑い芸人の松本人志の知名度が89.2%(番組発表*地域別人口比に応じた2000人対象)でした。

それと比較すると全国民対象ではないとはいえ、RIZAPの知名度もかなりのものと言えるのではないかと思われます。

RIZAPが行ったプロモーション

2018年5月15日に行われた直近の決算発表会では、シニアの人たちの認知度が格段に上がったという発表内容がありました。
RIZAPグループ決算発表会資料

RIZAPグループ決算発表会資料

38ページに掲載されています。
シニア層にとって同年代であるタレント、梅沢富美男さんをビフォーアフターのCMで活用し、問合せ数を2.64倍に増やしたそうです。
代名詞となった、ビフォーアフターのCMの変遷を振り返ります。

RIZAP(ライザップ)「つぎつぎと!イキイキと!」篇 第2弾 (15秒)

序盤に使われたのは素人、もしくは名の売れていないモデル等
タレントでなくても、ストーリーや演出で、印象深いCMが作れるという好例でしたね。

RIZAP(ライザップ)「松村邦洋宣言篇A_エド・はるみ宣言篇(30秒)」

タレントでは、エドはるみさんや松本邦洋さん等のCMがありました。
徐々に芸能人を活用したCMやプロモーションを展開していくようになります。

RIZAP(ライザップ)「佐藤仁美」篇(15秒)A

最近では佐藤仁美さんのCMもありましたね。

広告の出し方など秀逸で、図鑑に出てくる「類人猿からの人類への進化」のような努力変化の描写など、駅広告などで大きく出されていました。
女性芸能人を積極的に登用していくことで、女性の顧客が増えていったようです。

RIZAP(ライザップ)「梅沢富美男 殺陣」篇(15秒)

梅沢さんの出演作、殺陣編です。
梅沢さんに限らず、今後もプロモーションやCMでシニア層の芸能人を活用していきそうな気配です。

ライザップ(RIZAP)のプロモーションコストは??

これだけの認知度を誇るライザップ(RIZAP)ですが、いくら使ってプロモーションをしているのでしょうか。

ライザップ事業はいわゆる高単価商材(平均客単価35万円前後)+店舗施設型事業です。
比較としてあげられる高単価商材+店舗施設型事業としては、エステサロンがあります。
エステサロンの広告宣伝費率はおおよそ3割と言われていますので、3割前後のプロモーションコストを使っていないと、顧客の獲得が難しいと想定できます。

会員数から売上を想定し、そこから広告宣伝費を試算してみます。

ライザップ(RIZAP)の会員数は??

ライザップ(RIZAP)の累計会員は2017年3月期の決算発表資料では、7万人でした。2018年3月期は累計で10万人を超えたそうなので、新規会員純増数は3万人弱となります。

高単価商材+店舗設備型事業のエステサロンなどと同じく、イニシャル売上の大きい収益構造ですので、新規会員数×平均客単価の数式で新規会員売上は想定できます。最も多いスタンダードプランが35万円弱ですので、3万人×35万円=105億円がメインの売上と推定できます。

新規会員からの売上以外にどんな売上があるのでしょうか?調べてみました。

新規会員だけではなく継続会員向けのサービスも

累計10万人から新規3万人を引くと、7万人。そのうち一定割合で継続会員化しているはずなので、継続会員からの売上のほうが新規会員売上よりも多い可能性があります。
前年新規会員20,000人のうちの82%が1年契約のBMP(ボディマネジメントプログラム)に入会しているとするならば、29,800/月×12か月×20,000×82%=58.6億円、となります。

よって、新規会員売上+継続会員売上=163.6億円となりますね。数年前に新規入会していた人にもプロモーションをしているでしょうから、BMPの売上はもっと大きいと思われます。よって、年間のRIZAP事業の売上はもっと大きい数字になりそうですね。200億弱は堅いのではないでしょうか。
売上を200億弱とすると、RIZAP株式会社の年間プロモーションコストは、200億円の3割=約67億円と試算できます。
次回記事では、ライザップ(RIZAP)のプロモーション戦略に迫ります。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今話題のプレスリリースランキング(2月)

今話題のプレスリリースランキング(2月)

PRTIMESで2月に話題のプレスリリースはどのようなものなのでしょうか?PRのストーリー作りやプレスリリース上の工夫を読み取っていきます。
今話題のプレスリリースランキング

今話題のプレスリリースランキング

10月今の季節話題のプレスリリースランキングを取り上げます。天海祐希さん出演のCM公開と関ジャニ∞出演のユニバーサルスタジオジャパンのCM公開など、秋を感じさせたり、クリスマスに関連しているプレスリリースが注目を集めているようです。
アンバサダープログラムとは?

アンバサダープログラムとは?

ブルガリが木村拓哉さんの次女でモデルのKoki,(コウキ)さんをブランドアンバサダー指名したニュースは大きな話題となった。セレブリティをアンバサダーとするケースもあれば、ユーザーや既存顧客をアンバサダーにしている事例もある。
プロモーションにおけるSNS炎上回避施策とは?

プロモーションにおけるSNS炎上回避施策とは?

各企業にとって、プロモーション時の炎上は大きなブランド価値棄損などの中長期的な損害が発生する可能性があります。なによりコストをかけて損害を大きくするのは経営上避けるべきことではないでしょうか?プロモーションにおいて炎上を避ける方法を考えていきましょう。
外国人訪日客向けPR活動の重要性が高まる

外国人訪日客向けPR活動の重要性が高まる

PRツールであるサイトやパンフレットの多言語化、外国人タレントを起用したPR動画展開、外国人に対してのアプローチだけではなく、国内の日本人を啓蒙していく間接的なPR活動などさまざまなインバウンドPR活動のトレンドがある。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 bonbi GOSSIP 編集部
   
            “プロモーション110番”           
“pet_insta”
“pet_fb”
“ilovepets”
“bsquare”