2018年4月27日 更新

プレスリリースのタイトルや見出しの秘訣とは?

インターネット以前と以後で変わったこと、非同期型コミュニケーションツールの誕生、情報発信できる広報サイトの誕生によりプレスリリースのタイトル、見出しやリードのつけ方はどのように考えていくべきなのでしょうか?ネット以前を振り返りながら考察していきます。

730 view

マスメディア時代とSNS時代のプレスリリースの違い

マスメディア時代

マスメディア時代

インターネット以前と以後では環境は大きく変わっています。

以前は、情報の流通媒体としては、4マスメディア(新聞、雑誌、TV、ラジオ)しかありませんでした。その時代の情報流通の特徴としては、以下のようなものがあります。

1.皆が同じ情報を見ている、知っている。(同じドラマや漫画、記事などが共通の話題になりやすい)

2.企業としては、絶大な力を持つ4マスを攻略するための広告やPR戦術を考えれば事足りた。(コストをかけられる企業が強い構造)

マスメディア時代のプレスリリースの考え方

FAXは送る方も受ける方も大変ですよね

FAXは送る方も受ける方も大変ですよね

メディアには編集・編成を行う部門(記事や番組を作る役割)と広告部門(スポンサーシップを獲得する部門があるわけですが、インターネット以前には、両部門とも今よりももっと力があったわけです。

となると昔のPRパーソンが考えるべきは、「力を持つ(できるだけ上職もしくは筆力や編集力が高い)編集者や記者」と深く付き合い、いざというときに力を貸してもらえること、だったりするわけです。

IT化以前はメールすらない状況なので、プレスリリースはFAXやDM(郵便)を中心に記者や編集者に送ることになります。IT化以前には、日経新聞の記者のデスクには、電話帳の厚さくらいの量のプレスリリースがうずたかく積まれている状況も珍しくなかったと言われています。

となると、目を通すだけで大変です。忙しい時は全部に目を通すことすら難しいでしょう。

メールの見出しで処理できる今の時代のほうが断然楽と言えると思います。

そういうアナログな時代の場合、人となりがわかっているなど関係値のある人からの情報を優遇してしまったり、時に食事に行ったりするつながりのある人からの情報提供を無下にはしにくいといった状況が多く発生しがちです。なにせ、連絡手段が電話とFAXそして面会しかなかったのです。(*IT時代でももちろん人間関係は重要ですが、より極端に重要度が高かったという意味です。)

SNS時代のプレスリリース

メールによる非同期型コミュニケーション

メールによる非同期型コミュニケーション

インターネット以後、様々な情報流通形態が誕生しました。

まずはメールが生まれたことで、非同期型コミュニケーションの活用(電話など同時に時間をお互いに使う必要のあるコミュニケーションを同期型コミュニケーションと言います)が加速していきます。

FAXも広い意味では非同期型コミュニケーションと言えますが、部署に1台だったりするFAX が、個人のオフィスPCで活用できるのがメールですから、それは大きな変化を生み出したと言えます。
FacebookとTwitter

FacebookとTwitter

非同期型コミュニケーションツールは、その後、LINEやFacebookメッセンジャーなどさらに便利なツールが誕生していきます。

コミュニケーションツールという以外には、Webサイトを使うことで、広報・PR部門は自社サイトを通じた情報公開・情報発信ができるようになりました。広報サイトなどの積極的な運営でメディアの取材を獲得している会社も、よく聞くようになりました。
インターネットが、企業とメディアの関係に大きくもたらしたものはなんでしょうか?

それは
・非同期型コミュニケーションの誕生により企業とメディア間の情報のやり取りが簡単になった。(*電話に出たくない企業担当者からでも、メールなどでプレスリリースの受信はすることができる。そして、そのプレスリリースのネタが素晴らしければ、取材や掲載につながるケースも以前より増えたと思われる。)

・広報やPRサイトの運用が上手い会社や担当者が力を発揮することができるようになった。(*人としての好き嫌いは置いておいて、サイトという目に見えるものがあることで、優れた企業パーソンやPRパーソンの力という部分が可視化されるようになってきた。)

つまり、インターネット以前より、メディアとの人間関係構築力という部分よりも、ストーリー構築力やプレスリリースの筆力、サイトの運営能力のほうが評価されやすい時代になってきている、と言えるのではないでしょうか。

ネット時代のプレスリリースの筆力

多数出てきたネットメディア

さまざまなSNS

さまざまなSNS

ネット以後、サイトを作れば技術的にはメディア運用が可能になった時代が到来しました。
今では、記事執筆や取材の手間は必要ですが、莫大な印刷コストをかけずともメディア運用ができます。

それにより、ネットメディアが先に特ダネを押さえ、マスメディアがそれに追随するだったり、個人のSNSアカウントが先にニュースを仕入れてしまうといったことも発生するようになっています。
インターネットのSNS波及力

インターネットのSNS波及力

そうなると、プレスリリースのタイトル、見出しやリードなどの構築力、書き方も単にメディア向けだけの表現ではなく、より消費者目線を考慮した書きぶり(極端な話、そのままプレスリリースがリツイートされてもみんなにとってわかりやすく、キャッチなセンスにあふれているもの)などが今の時代に求められているプレスリリースの筆力と言えるようになってきているのを感じます。

メディア目線だけではなく、消費者目線や消費者理解度を考慮したプレスリリースはどんなにAIが進化しても、すぐに代替されるものではないと思います。

PRパーソンのスキルのひとつとして、追求していきたいですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今話題のプレスリリースランキング(2月)

今話題のプレスリリースランキング(2月)

PRTIMESで2月に話題のプレスリリースはどのようなものなのでしょうか?PRのストーリー作りやプレスリリース上の工夫を読み取っていきます。
プレスリリーストレンドチェック(2018年9月)

プレスリリーストレンドチェック(2018年9月)

9月のプレスリリースはどんなものが注目を集めているのでしょうか?話題の仮想通貨関連や婚活マッチングサービスなどのWebサービス系が注目を集めているようです。1位のリリースは、危機管理広報の参考になるプレスリリースでした。
外国人訪日客向けPR活動の重要性が高まる

外国人訪日客向けPR活動の重要性が高まる

PRツールであるサイトやパンフレットの多言語化、外国人タレントを起用したPR動画展開、外国人に対してのアプローチだけではなく、国内の日本人を啓蒙していく間接的なPR活動などさまざまなインバウンドPR活動のトレンドがある。
プレスリリースのトレンドチェック!

プレスリリースのトレンドチェック!

春先、4月、時節によって注目されるプレスリリースは異なってきます。PRTIMESで4月に注目を集めたプレスリリースを紐解きながら、プレスリリースが注目された理由、特徴、書き方に関して考察していきます。
サブスクリプションモデルは販促やPRがしやすい?リアル店舗の可能性

サブスクリプションモデルは販促やPRがしやすい?リアル店舗の可能性

最近流行りのサブスクリプション(定額サービス)モデル。ネット界隈では2012年頃から複数のサービスが立ち上がってきていますが、飲食店やリアル店舗でのサービス展開はあり得るのでしょうか?販促やPRの視点も交えて可能性を探ります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 bonbi GOSSIP 編集部