2019年6月10日 更新

買うと高いルンバがサブスクリプションで利用可能?!

ブランド家電の「ルンバ」が月々1200円からのサブスクリプション(定額購入)サービスで利用できるようになりました。そのマーケティング的な狙いはどこにあるのでしょうか。

28 view

ブランド家電にもサブスクリプションの波が

サブスクリプションとは?

古くはガラケーの着メロサイト、現在では日経新聞のデジタル版やNewsPicksなどメディアの定期購読もサブスクリプションサービスに含まれると言えます。
Amazon Primeなどのショッピングサービス、shopifyなどの音楽配信サービス、Netflixなどの動画配信サービスも同様です。
また、デジタルではなく、リアルなもののサブスクリプションサービスとしてあるのは以下のようなサービスです。
ここ最近、洋服やコスメなどリアルなもののサブスクリプションサービスも増加しています。
これまで紹介していたサブスクリプションサービスは、多くの商品(デジタル含む)を品ぞろえとして用意し、サブスクリプションサービス自体のブランディングやプロモーションを行い、集客しているケースがほとんどでした。

今回の「ルンバ」のサブスクリプションサービスが他のサービスと異なる点は、「ブランド認知の高い高額商品」を全面的に押し出していること、つまり、あくまで商品ベースのサブスクリプションサービスであることと言えます。

ブランド商品ベースのサブスクリプションサービス実施のメリット

高額ブランド家電は、消費者心理としては使ってはみたいけど、価格的においそれとは手が出しにくいという状況がありました。

また、ロボット家電というと、実際は使ってみないと、「部屋の角で止まったりしないか?」「家の隅々まできれいになるのか?」などわからないことも多く、二の足を踏んでいた消費者も多かったと推測されます。
今回のサービスは、そんな消費者心理を踏まえて、利用の敷居を下げることに成功するのではないかとみています。
月々1200円という数字も試しやすい価格設定ではないでしょうか。

マーケティング的観点で考えると、「価格が高い」「ロボット家電の使用メリットがわからない」という消費者課題に対して、今回のサブスクリプションサービスを提供することで、気に入ってくれたお客様はその後実機の購入につながるケースもあるでしょうし、「やっぱりいらない」と考えたお客様からもその間の利用料はもらえるので、どちらのお客様にもビジネスが成立するので、収益の最大化につながります。

また気に入って実機購入につながっていくお客様に対してはこのサービスは販促支援的な意味合いを持つとも言え、1施策で3度おいしい(商品を気に入ったお客様からのサブスク収益、そうでもないお客様からのサブスク収益、実機販売拡大)マーケティング戦術と言えるのではないでしょうか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ワークマンに学ぶマーケティング

ワークマンに学ぶマーケティング

少し前まで作業着メーカーだったはずの「ワークマン」が絶好調だ。その出店戦略と商品特徴からマーケティングのヒントを見出してみたい。
今話題のプレスリリースランキング(5/31)

今話題のプレスリリースランキング(5/31)

令和になり最初の月、どんなプレスリリースが今話題を集めているのでしょうか。
2019年の上半期商品トレンド(食品編)

2019年の上半期商品トレンド(食品編)

日経トレンディが2019年上半期ヒット商品を発表した。令和時代にはどのようなものが流行するのだろうか。今回は食品編を振り返ってみたい。
自治体公認初のVtuber「茨ひより」の活躍

自治体公認初のVtuber「茨ひより」の活躍

都道府県の魅力度ランキングで6年連続最下位の茨城県が自治体初の公認Vtuberを活用し、茨城県の魅力を発信する取り組みを行っている。
楽天球場が完全キャッシュレス化

楽天球場が完全キャッシュレス化

楽天と楽天野球団(仙台市)は、プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」の本拠地「楽天生命パーク宮城」で2019年4月2日、完全キャッシュレスを開始した。球場内の購入はすべて現金不可となった。プロモーションはどうだったのだろうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 bonbi GOSSIP 編集部
   
            “プロモーション110番”           
“pet_insta”
“pet_fb”
“ilovepets”
“bsquare”