2017年7月28日 更新

上西議員の炎上手法は正しい?!Twitterの使い方

炎上商法と呼ばれる手法で、ニュースで取り上げられている上西小百合議員や松居一代さん。フォロワー数を伸ばすためには、興味を持たれ、リツイートしてもらえるように仕掛けるのは重要ですが…

664 view

Twitterとは?!

Free photo: Twitter, Tweet, Smartphone - Free Image on Pixabay - 566341 (1033)

 140文字以内で、気軽に、手早く投稿できるところがウケて、今や日本国内での月間アクティブユーザー数は4,000万人(2017年6月)と、Facebookの2,700万人(同6月)を軽々と超えてしまっているTwitter。

 本国米国では、Twitter社はマネタイズに苦労しているため、売却の動きがニュースになるなど、騒がしいですが、サービスの伸びは堅調そのもの。

 2008年の3月からサービスが開始された日本ですが、丸9年が経ち、ネット好きだけでなく、一般層にも幅広く広まっています。

最近、有名人に多い炎上商法とは?!

上西小百合議員のケース

 7月に行われたボルシア・ドルトムント対浦和レッズ戦に関する、戦評をきっかけに浦和ファンとの間で一悶着がありました。
 自らの影響力を知りながら、敢えて、キツイ言葉を使い、相手の興味を引き、リツイートを促した結果、6,700件超(2017年7月)のリツイートがついています。その後、マスコミを通じてツイートの意図をテレビで話したり、また浦和レッズに面会希望のメールを送る(結果、断られていますが…)など、上西劇場と言っても過言ではない盛り上がりを見せました。

松居一代さんのケース

 船越英一郎さんとの関係性を余すところなく暴露し、週刊誌にネタを売る⇒Twitterやアメブロなどで事前告知する⇒テレビで取り上げられる、というスパイラルを繰り返し行なっています。
 参謀がついているとの報道もありましたが、有名人であることを最大限利用し、マスメディアとソーシャルメディアを組み合わせた自分ネタプロモーションとも言えます。

効果を最大化できるのは有名人だけなのか?

そういうわけでもありません。一般人でも、有名人のリツイート数を超えたツイートは複数あります。
ロマンティックな言葉の定義
共感をあおるいい話
お役立ちIT情報
絵的に面白い
 などなど、いくつかの傾向はありますが、一般人のヒットツイートでも有名人のツイートを超えているものはたくさんあります。

自分エピソード、持論、面白い写真、お役立ち情報など、形はさまざまですが、ポイントは如何に「共感」を得るか、というところです。

 一般人の場合、有名人のように自分の言いたいこと、伝えたいこと、ネガティブコメントを単刀直入に拡散させる、ということは比較的難しく、万人(ある程度の数の人達)が共感してくれる、ツイート作りが重要となりそうです。

Twitterは店頭プロモーションに役立つ?

 飲食店の社長が仕掛け、丁寧にホスピタリティを演出することで、9,000人超のフォロワーを獲得している飲食店があります。
はじめた当初は、タイムリーにお客様とのコミュニケーションを取ることでファンを増やしていたようです。
 手間と時間がかかりますが、フォロワー数を一定に持っていくまで、Twitterでの予約受付など、パーソナル対応をしつつ、徐々に来店キャンペーンなどのツイートを増やしていく、という運用ができると、Twitterもひとつの来店促進媒体として期待できるのかもしれませんね。
*当記事は、Twitterでのトレンドを踏まえ、Twitter活用のプロモーションを俯瞰して論じる記事であり、炎上商法を推奨する記事ではございません。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

桜美林大学と産学連携!「第2回ディスプレイ研修合宿」レポート2

桜美林大学と産学連携!「第2回ディスプレイ研修合宿」レポート2

今年も桜美林大学造形デザイン科の学生さんと産学連携の「ディスプレイ研修合宿」を行いました。今回は実際のワークショップの模様を記事化しました。
桜美林大学と産学連携!「第2回ディスプレイ研修合宿」レポート1

桜美林大学と産学連携!「第2回ディスプレイ研修合宿」レポート1

作年に続き、今年も桜美林大学造形デザイン科の学生5名に、店頭販促の講義とワークショップを通じて、セールスプロモーション業界への理解を深めてもらう取り組みとして、産学連携の「ディスプレイ研修合宿」を行いました。
アイデア勝負!最近の店頭販促トレンド

アイデア勝負!最近の店頭販促トレンド

インターネット業界と異なり、成熟しているかと思われている広告宣伝業界。中でもPOP広告や店頭什器などを扱ってきている店頭販促マーケットにおいても現場では様々な工夫が取り入れられているようです。日経電子版の記事からトレンドを探ります。
bonbi GOSSIP 編集部 | 1,950 view
桜美林大学と産学連携!「ディスプレイ研修合宿」レポート最終回

桜美林大学と産学連携!「ディスプレイ研修合宿」レポート最終回

桜美林大学の大学生を迎え行われた「ディスプレイ研修合宿」レポートの最終回をお届けします。前回のプレゼンを受け、学生たちのデザインした店頭什器をボンビの工場で製品化しました。完成した什器を見たときの学生たちの反応はどのようなものだったでしょうか?
bonbi GOSSIP 編集部 | 1,346 view
桜美林大学と産学連携!!「ディスプレイ研修合宿」レポート第三回

桜美林大学と産学連携!!「ディスプレイ研修合宿」レポート第三回

江原道様、オーディオテクニカ様、ブルボン様の協力を仰ぎながら、学生さんに販促物の課題を出しました。企画要件をまとめ、アイデアを出し、販促物としての形態をスケッチしていきます。翌日行われたプレゼンテーションでは、学生さんならではの視点からの良い企画案がありました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 bonbi GOSSIP 編集部
   
            スゴイコト