2018年12月25日 更新

PayPayの100億円プロモーションの効果とは?

Yahoo!とソフトバンクが出資したPayPay(ペイペイ)が100億円プロモーションにより、13日までに190万アプリのダウンロードにつながったようだ。

147 view

PayPayの100億円還元プロモーションとは??

PayPayは、銀行口座からチャージできるPayPay残高、Yahooマネー、クレジットカードと3つの支払い方法からアプリで支払えるサービスだ。

近頃話題となった「100億円還元プロモーション」は、約2年前からサービス先行している楽天ペイ等に追いつくために、PayPayが行った総額100億円をユーザーに還元するというキャンペーンだ。
今月4日に開始されたキャンペーンは、当初2019年3月末終了予定とされていたが、それを大幅に上回るスピードで100億円が還元され、13日には終了となった。

その間、アプリ調査会社の調べによると、190万ダウンロード(iOS、android合算)につながった模様だ。人気のキャラクターなどを活用したゲーム系アプリでは、数日~数週間で100万ダウンロード越えは時折発生するが、実用系やショッピング系アプリなどではこれまでにないスピードでの100万ダウンロード越えと言えるだろう。

今回のプロモーションの成功理由を考えてみたい。

PayPay(ペイペイ)のプロモーションの成功理由

1.スケールの大きさ

まずは、金額の大きさ。ユーザーへの還元原資として100億円を掲げてプロモーションを行える財源のある会社は多くない。また、財源があっても、そこまで大胆な投資を実行できる組織はさらに少ないと言える。後発から追いつくにあたっての覚悟とベンチャースピリッツを感じさせられる。

2.時期設定

大規模量販店などの年末セールのタイミングに当ててきたことも、成功の理由となるだろう。

3.限定演出

100億円がなくなり次第終了!と明確に打ち出したことで、焦燥感にとらわれたユーザーが殺到したようだ。
だが、上記3つは、通常のプロモーションでも十分に考えうるし、1にしても財源の問題はあるものの考えうる補足要素で、真の成功理由ではないと思われる。

PayPayのゲーミフィケーションを用いたプロモーション

もっとも大きな成功理由は、ゲーム演出にあると思われる。

キャンペーンでは、ユーザーが一律で20%の還元を得るだけでなく、一定の確率で全額が戻ってくる仕組みを取り入れていた。

ポイント付与状況を確認する画面は、スクラッチくじを引く感覚に似ている。SNS(交流サイト)上では、「ペイペイチャレンジ」「ペイペイガチャ」といったゲーム性を連想させる言葉も登場しており、それがさらに情報拡散につながった。
ペイペイチャレンジでPS4の購入原資に
ペイペイガチャがTweetに
少額の買い物の場合
購入額が多い場合、還元金額も多かった。

PayPay(ペイペイ)プロモーションの功罪と課題

大きな話題を集めたPayPay(ペイペイ)だが、キャンペーン後、クレジットカードの不正利用などがあったとのこと。これだけのお金を使い、注目度の高いプロモーションを行ったにもかかわらず残念な結果だ。

サービスの信用力を改めて取り戻すのはそう容易ではないだろうが、決済アプリの更なる改善や浸透にはPayPay(ペイペイ)というプレイヤーも欠かせないように思われる。

今後の動向に注目していきたい。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

pr timesで話題のプレスリリースランキング

pr timesで話題のプレスリリースランキング

pr timesで話題のプレスリリースランキングから、話題作りの方法を紐解いていきます。
ルックの浴室用洗剤プロモーション考察

ルックの浴室用洗剤プロモーション考察

ルックの浴室用洗剤が売れ行きを伸ばしているらしい。どのようなプロモーションを行っているのだろうか?そしてその背景には消費者ニーズの変化がありそうだ。
ゼロ高等学院のプロモーション

ゼロ高等学院のプロモーション

4月に入学式を迎える、堀江貴文氏主宰のゼロ高等学院がさまざまなプレスリリースを発信している。どのようなプロモーションを行っているのだろうか?
キリンレモンのパッケージリニューアルプロモーション

キリンレモンのパッケージリニューアルプロモーション

キリンビバレッジの「キリンレモン」が好調のようだ。昨年4月にパッケージをリニューアル後、前年に比べて2倍近くの販売実績を出している。
メルペイの勝算はどうなのか?

メルペイの勝算はどうなのか?

スマホ決済サービスの競争に新たに乗り込むことを発表したメルカリの子会社メルペイ。PayPay(ペイペイ)や楽天ペイなど強い競合サービスの中でどのような存在感を出していくのだろうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 bonbi GOSSIP 編集部
   
            “プロモーション110番”           
“pet_insta”
“pet_fb”
“ilovepets”
“bsquare”