2020年5月21日 更新

withコロナ時代、afterコロナ時代の販促の考察 シリーズ第3回 スポーツ観戦はどうなる?

夏の高校野球全国大会、いわゆる「夏の甲子園」は中止となりました。非常に残念です。かたやドイツではサッカーブンデスリーガが無観客で再開されました。withコロナ時代においてスポーツ観戦はどのようになるのでしょうか?

302 view

withコロナ時代のスポーツ観戦

スポーツ観戦に行きたい!

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の解除、そしてまだ解除されていない特定警戒都道府県の8都道府県の解除に向けてwithコロナ時代の新しい生活が始まります。

この状況下で自粛が続いている皆さんが熱望されているコトの1つに、スポーツ観戦があると思います。
筆者もスポーツをする、観る両方好きなので、『スポーツが動いていない日常』は非常に辛いものです。
今日、いわゆる「夏の甲子園」の中止が決定されました。当事者、関係者の方々の想いや苦渋の判断などがあるかとは思いますが、1ファンとしては「夏の甲子園が夏にないなんて?!」と非常に残念ではあります。
オリンピックも楽しみにしていたのですが、やはりこの状況では、中止や延期となる判断がベストな判断です。残念ですが、仕方がないです。

しかし、だからこそ、余計に想いが募ります。
「スポーツ観戦に行きたい!」と。
withコロナ時代のスポーツ観戦はどのようになっていくのでしょうか。

オンライン中継や配信と試合場の観客数減での運営

先んじてドイツにおいて、サッカーブンデスリーガが再開しました。
これはテレビ中継はされるものの、コロナウイルス感染拡大を防ぐために無観客試合で行われています。
試合自体はテレビにて観戦はできるものの、歓声もなく今一つ盛り上がりに欠けます。
人によっては、選手の指示がよく聞こえてむしろ良いと言う人もいるかもしれませんが、
今まで見慣れてきた光景ではありません。

日本でも今後、プロ野球、Jリーグ、Bリーグ、Vリーグ、その他各スポーツが再開されていきます。
はじめは無観客での試合、試合の中継が行われることでしょう。
しかし、この状況でずっとは続けられません。
すべてのテレビ、ネット配信での中継を有料性にして、閲覧者が各試合にお金を払って観る体制が整えば良いのですが、試合会場での観戦チケットの収入がないと、各チーム、各運営団体は収入が減ります。そして、ゆくゆくはチーム財政が圧迫され運営ができない状況になります。

やはり、ある程度の段階で試合会場へ観客を入れていかざるを得ないのではないでしょうか。

とはいえ、新型コロナウイルスのワクチン・治療薬の開発と普及はまだしばらく先であるため、
試合会場には感染防止への対策が必要になります。
 (5169)

感染防止対策の大きなキーワード下の2つです。
●飛沫防止
●身体的距離の確保(ソーシャルディスタンスの確保)

各チーム、試合の運営会社は、試合会場内でこのキーワードに則した対策を講じていくことになると思います。
例えば、
●試合会場の収容人数を大幅に下回るチケット販売。
●当日券の廃止。
●入場時の密状態を避けるための列の作り方。
●部分的に席をクローズしてしまう手法。
などが対策としてあるでしょう。
他にも、これはチームグッズになるのですが、入場時に飛沫防止用グッズを『新型コロナウイルス対策ノベルティ』や『飛沫防止ノベルティ』としてばら撒きしたり、『コロナ対策応援グッズ』や『飛沫防止グッズ』として販売することも考えられます。
チームロゴ入りの布製マスク、バフ、ジョギングバンダナなんかは試合中にもつけて応援することができますし、家に帰ってからも飛沫防止アイテムとして、買い物やジョギングなど、外出時に使うことができます。
最早マスク類はファッションアイテムとなっています。オシャレな形状やデザインが成されたマスク類はどんどん登場するでしょう。さらに広告媒体とも捉えて有効活用されていくと思います。

飛沫防止には関係ないのですが、間隔が空いた観客席を埋める横断幕やその他の応援アイテムも有効活用されると思います。

しばらくはこのような状況下でのスポーツ観戦が続くとは思いますが、それでも、応援するチームの選手とサポーターが一体となってスポーツを楽しむという状況を皆さんの努力で創り上げていければと思います。サポーターではなくても、スポーツを試合会場でリアルに観戦しに行ける日が待ち遠しいものです。
 (5170)

スタジアム、アリーナ、ホール、映画館、劇場での座席ソーシャルディスタンス対策ツール

株式会社ボンビでは、withコロナ時代のスポーツ観戦やその他の集客場所への対策としまして、
スタジアム、アリーナ、ホール、映画館、劇場での座席用ソーシャルディスタンス対策ツールを開発・販売しております。
上記で考察していた、『飛沫防止グッズ』『飛沫防止ノベルティ』『コロナ対策グッズ』『コロナ対策ノベルティ』なども、素材を問わずオリジナルでの企画、デザイン、製造まで可能です。
ぜひご相談頂けましたら幸いです。

下記メールアドレス、おしくは電話番号にご連絡頂きましたらご対応させて頂きます。
sp@bonbinet.co.jp
TEL:072-955-4685
新型コロナウイルスチーム担当者宛

関連する記事 こんな記事も人気です♪

新型コロナウイルス対策 座席用ソーシャルディスタンス対策ツールの紹介

新型コロナウイルス対策 座席用ソーシャルディスタンス対策ツールの紹介

緊急事態宣言の解除に伴い経済活動が活発化されます。しかし新型のコロナウイルスが消えたわけではありません。正しく気を付けて活動ができるよう集客の場でもソーシャルディスタンスを保つ工夫は必要です。座席用ソーシャルディスタンス対策ツールの紹介です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bonbi GOSSIP 編集部 O bonbi GOSSIP 編集部 O