販売促進の株式会社ボンビ

RECRUIT

採用情報

これからの時代は器用で真面目なだけではダメ。
いかに「ボンビならでは」という
独自性を作り出せるかが勝負。
自分のモットーである「有言実行」を実践して
もっともっと上を目指して頑張っていきたいです。

SP統括部 業務G
2002年入社

Y.S.

SP統括部 業務G
2002年入社

Y.S.

これからの時代は器用で真面目なだけではダメ。
いかに「ボンビならでは」という独自性を作り出せるかが勝負。
自分のモットーである「有言実行」を実践してもっともっと上を目指して頑張っていきたいです。

人と関わっていく仕事の難しさを実感。

私が所属する業務部の仕事は大きくは手配と見積もりの2つになります。手配では図面より割り出した各マテリアルごとに協力会社様へ発注して部材を仕入れます。見積もりではスケッチなどから構造を推測し、材料費と加工費を計算して割り出します。外部の協力会社様に発注をするという職務上、日々社内外の多くの人と関わりながら仕事をしていく立場にあります。以前、ゲームメーカーさんから頂いた大きなお仕事で簡単な指示ミスを犯してしまい、結果として全社員に迷惑をかけてしまったことがあります。些細な説明不足や言葉の間違いだけでも大きなミスに繋がってしまいますので、今では客観的に俯瞰から冷静に自分を見るようにするなど、細心の注意を払って仕事をしています。

ボンビを人に例えるなら
「器用だけど真面目なヤツ」。

SPというのはオーダーメイドが基本なので、クライアント様の思いを理解してそれを目に見える形にするための器用さが必要です。さらにボンビには、クライアント様の思いに対して真面目に向き合い、仕事で誠実に答えるという社風があります。どんなに気をつけていても日々の仕事の中でどうしてもトラブルは発生してしまいますが、どんなトラブルでもみんなで乗り越えていこうとするチームワークの良さがあり、そこもボンビの大きな魅力だと思います。

ただ今までは器用であるがゆえにやってこれた部分があるかと思いますが、厳しい業界全体の流れもある中で、今後はいかに『ボンビならでは』という独自性を作り上げることができるかが大きな課題になってくると思っています。私個人では、入社までは不言実行という感じだったのですが、社会では言わずに実行するだけでは人から認められないということを感じていました。だからまずは言葉ありきと思い、ボンビに入社してからは『有言実行』を心がけるようにしています。現在SP部の業務マネージャーという職務をいただいているのですが、もっともっと上を目指して会社全体を見られるような立場になり、新人研修などにも携わり後輩の育成にも貢献できるよう頑張っていきたいです。

「入社を目指す人へのメッセージ」

アクは強いですが、人間味あふれるあたたかい会社です。やりがいが大きい分、当然苦しい部分ももちろんあります。ただその苦しさを乗り越えることで自分自身を磨ける良い会社ですので頑張ってください。

OTHER INTERVIEW

「どんな会社なの?」「仕事のやりがいや内容は?」「今後の展望は?」など
ボンビグループで活躍している先輩社員にインタビューしました。

TOPに戻る