販売促進の株式会社ボンビ

RECRUIT

採用情報

自分が関わった什器をお店で実際に見た時の
達成感はクセになる。
ちゃんと自分自身が成長して、
重要なプロジェクトを任せられるよう
早く本物の実力をつけたいと思います。

SP統括部 営業第2G
2013年入社

N.S.

SP統括部 営業第2G
2013年入社

N.S.

自分が関わった什器をお店で実際に見た時の達成感はクセになる。
ちゃんと自分自身が成長して、重要なプロジェクトを任せられるよう早く本物の実力をつけたいと思います。

ボンビを一言で表すと「ものづくり」の会社であるということ。

私は主に化粧品メーカー様の什器制作を担当しており、たくさんの商品が並べられる店舗内で、お客様の商品を目立たせるためのディスプレイを考えて提案させていただいています。
担当している分野が化粧品ということもあり、男性である自分の個人的な出発点からとは違った視点からの発想も求められます。そこは逆にお客様に育てていただいた部分もあります。明確な納期が定められている中で、社内や協力会社様と協力しながらスピード感を持って全行程をコントロールしつつ仕事を進行させることで、お客様のご要望などの最初は無形なものを、実際のディスプレイという有形なもとしてアウトプットできた時に大きな充実感や喜びを感じます。実際に入社して初めて自分が担当した什器が店頭に実際に設置されているのを見た時には、大きな達成感を感じ、これが自分の仕事なんだという実感がわきました。

アットホームでいい意味で上下関係が薄いのが魅力。

私の仕事上でのモットーは、楽しい環境を作り、楽しく仕事をすることですので、社内外問わず冗談を言い合えるような関係性の中で仕事ができるような「場」づくりを意識しています。実際にボンビは、上司・先輩など上の立場の方も、後輩や部下という下の立場の社員とも距離感が近いところがあり、仕事においてもプライベートにおいてもフランクに関わり合いながら一緒の時間を過ごすことも多いです。私はスポーツが好きなので、休日には野球やバスケットボールなどのスポーツを一緒にすることもあります。

お客様が意図しているものを作れていなくて、そのことについてお客様からご指摘いただくこともありますが、そのような場合でも上司や先輩の方が自分のこととしてフォローしてくれます。しかし恵まれた環境に甘えるのではなく、ちゃんと自分自身が成長して同じミスを繰り返さないようにしなければ成長はありません。今後は「これは鈴木がやってみろ」と指名されて重要なプロジェクトを一任されるような実力をつけていき、そんな仕事を通じて後輩も育てられるようになりたいと思っています。

「入社を目指す人へのメッセージ」

何もないところからスタートして一からものを作る過程はおもしろく、また多くの分野に関われる仕事です。
一緒に働けることを楽しみにしております。

OTHER INTERVIEW

「どんな会社なの?」「仕事のやりがいや内容は?」「今後の展望は?」など
ボンビグループで活躍している先輩社員にインタビューしました。

TOPに戻る